【ブックマークすると便利】就活まとめ記事
GD・面接

就活におすすめのアルバイトはスポーツジム!?

スポーツジム

アルバイトする目的は何ですか?

  • お金のため
  • 自己成長のため
  • 友達作りのため
  • 出会い目的のため

など人それぞれですよね。

その中で、就活のためアルバイトをする。という方には、ぜひスポーツジムでアルバイトをすることをおすすめします。

私は、スポーツジムやスポーツ会場運営、塾講師、試験運営、居酒屋、洋食屋等でアルバイトをしていましたが、就活ではスポーツジムでのアルバイト経験をアピールしていました。

それでは、就活においてスポーツジムでアルバイトすることに、どのようなメリットがあるのか書いていきます。

アルバイトを始める志望動機の印象良い

就活でアルバイトの話しをする時には、「なぜそのアルバイトを始めたのか」は定番質問です。

  • お金が欲しいかったから
  • 家が近かったから
  • 誰でもアルバイトできそうだったから

などの理由を説明したら、正直微妙ですよね。もちろんお金が大切なことは分かっています。

それが下記の通りならばどうでしょうか。

  • 元々スポーツをしていて体を動かすことが好きだったから
  • 大学でスポーツ科学の講義を受講して、トレーニングに興味を持ったから
  • トレーニング知識のインプットと同時に、お客様にアウトプットしたいから

志望動機は最初よりもしっかりしていると感じられます。

悲しいことに日本は体育会系社会でもあるので、このような体育会系の思考の学生の方が評価されやすい、良い印象を与えやすいです。

そんなの営業だけでしょ。と思っている方は要注意です。システムエンジニアでもこのような風潮はあり、メンタルの強い体育会系が求められています。

冗談と思いたいものの、新卒採用権を持っている役員クラスの方とお話した時に、野球をやっていたら採用だったり、サッカー経験者は採用と考えている方もいます。

<スポンサーリンク>

相手が思っていることを引き出すトレーニングができる

会社に入社すると分かりますが、仕事は人と人で行います。これは当たり前です。

  • 営業ならば、相手が欲しいと思っていること引き出す
  • SEならば、相手が自動化(システム化)したいと思っていることを引き出す

職種に関わらず仕事は、相手の思っていること、考えていることを引き出すことが必要不可欠です。その上それはかなり難しいです。そのような相手が思っていることを引き出すトレーニングがスポーツジムではできます。

スポーツジムで、「相手が思っていることを引き出す」とはどういうことでしょうか。
下記の例は、私が就活の面接時によく言っていた例です。

アルバイトの中で、若い女性の方のトレーニング指導をする機会がありました。
その女性は筋トレの知識がなく、スポーツジムは初めてと言っていました。
ジムで何をしたいかと聞くと、「体重を減らしたい、とにかく痩せたい」と言っています。
それでは、なんで痩せたいの?と質問すると、(脚が)細いほうが綺麗に見えると言いました。

  • 当初の目的:体重を減らしたい、痩せたい
  • 真の目的 :(脚を)細くみせたい

元々の目的と真の目的が若干相違していることに気が付きましたか?

トレーニングの話となってしましますが、体を細く見せたいという場合は必ずしも体重を減らせば良いという訳ではありません。多少の体重増加を犠牲にしても、筋肉を多少つけたほうがよいです。

今回は若い女性の例を出しましたが、スポーツジムには老若男女います。様々な体の問題や悩みを抱えてスポーツジムに通われているので、性別・年齢によってどうやったら相手が考えていることを引き出せるか分かるのではないでしょうか。

大勢の前で話す練習になる

トレーニング指導では基本的に1対1なので、緊張することはあまりないかと思いますが、それが30人規模から50人規模の大人数の前でレッスンをするとなるとどうでしょうか。

すごい緊張すると思います。

大勢の前で話すということは、なかなか経験できません。大勢の前で話す経験は就活の面接時にも活きてくると思います。

お客さんと人脈が作れる

スポーツジムでアルバイトをすると、多くのお客さんと仲良くなる機会があります。実際にスポーツジムに行けば分かりますが、様々な職業の方が会員となっています。

私がお会いした方は、医者や弁護士から商社勤め、銀行や保険等の金融関係、IT系や消防士など幅広い方々でした。そのような方々とお話をすることで、その会社や職種、業界について詳しく聞くことができます。

実際に小さな専門商社ですが、お客さんが社長で「どこも内定出なかったらうちに来な」と声を掛けてもらえました。
このようなケースはレアですが、こういう場から会社に誘ってもらえることがあることも分かりました。

まとめ

学生の本業は勉強することであるため、本来は学業やゼミで取り組んだ内容をアピールすることが望ましいですし、それがあるべき姿だと考えています。同じぐらい体育会の部活も評価されやすいです。サークルやアルバイト経験はそのような学業や部活の次です。

また、あくまでメリットを述べただけで、スポーツジムでアルバイトをした経験があっても就活に有利にはなりません。
基本的にアルバイトならば、何をしたから就活に有利になることはないと思います。
何のアルバイトでも共通していて、何か目的をもって取り組むことが一番です。就活では何を思って行動しているか、その過程を評価されるものです。

ただ、居酒屋やコンビニ等ありふれたアルバイトよりも、スポーツジムでアルバイトをしていた方はあまり多くないので差別化はできます。その一つとしてオススメをしております。

【ブックマークしておくと便利】当サイトまとめ記事

とにかくこのページさえ読んでおけば、就活とは何をするべきかが分かるようになっています。

私はMARCHの理系出身で、SIerや通信等のSEを狙って就職活動していました。

就活初期にはESや面接を数こなしていくにも、なかなか手応えを感じられない。せっかくこんなに多くの説明会や面接を受けているのに、全然内定出ない。

いつも通りに自己分析をしていると、自分は何かアピールすべきことを間違っているのではないか?という疑問が生まれました。そこからアピールすることをガラッと変えたら、みるみる内定が出ました。

この内定をいただいた経験は誰かに伝えたいと考え、ブログを始めました。一人でも多くの就活生が、この就活に対してプラスになるようなものを発信できればと思います。

このブログに書いていることは、その企業の一部であり全部ではありません。

たまたまお会いした社員の印象が良かった、悪かったという面がありますので、必ずしもその企業の社員全員が良い、悪いということはありません。そのため、あくまで参考程度にお願いします。

▼ブックマークしておくと便利▼

まとめ記事へ👈

\就活に役立つお得情報を随時更新中/