トップページへ戻る
OB訪問

【メリット・デメリット】OB訪問はビズリーチキャンパスが大学キャリセンよりおすすな理由を紹介

就活生の皆さんはOBOG訪問していますか。必ずOBOG訪問する必要はありませんが、しておくて今後の就活が有利に進むことが多いです。

今回は無料で使えるビズリーチ・キャンパスを紹介します。高学歴専用のサイトとなっていますので、高学歴の方は必ず登録しておきたいです。むしろ登録しないと損します。

下記の高学歴学生は必須級です。

早稲田大学、慶應義塾大学、大阪大学、東京大学、京都大学、東京工業大学、一橋大学、名古屋大学、名古屋工業大学、九州大学、九州工業大学、東京理科大学、中央大学、青山学院大学、明治大学、法政大学、立命館大学、立教大学、同志社大学、神戸大学、上智大学、関西学院大学、北海道大学、関西大学、大阪市立大学、大阪府立大学、学習院大学、国際教養大学、国際基督教大学、滋賀大学、首都大学東京、千葉大学、東北大学、筑波大学、広島大学、横浜国立大学、横浜市立大学、立命館アジア太平洋大学

▼登録に最短3分&完全無料で利用可能▼

\OB・OG訪問だけではなく、スカウトも来る/

話題のビズリーチ・キャンパスを紹介

そもそもビズリーチとは

株式会社ビズリーチが運営しています。ビズリーチといえば転職業界でも有名な会社でもあり、最近ではCMを見かける方も多いのではないでしょうか。

そのような転職業界のビズリーチが就活生向けのサービスを作ったようなイメージです。

ビズリーチ・キャンパスの特徴

ビズリーチ・キャンパスでは大企業のOBOGと繋がることができます。もちろん文系理系問わず幅広い大企業ばかりです。

下記は一例ですが、多数の大企業から大企業子会社まで存在しております。

  • 伊藤忠商事
  • 三井物産
  • ソニー
  • 東京ガス
  • トヨタ
  • ソフトバンク
  • リクルート
    など

OBOG訪問だけでなく企業からスカウトが来る

ビズリーチ・キャンパスにはOBOG訪問以外にも、スカウト機能があります。通常は学生側から企業へアプローチしますが、逆の企業から個別に学生へアプローチがあることです。

しかもよくわからない中小企業やベンチャー企業ではなく、誰もが知っている大企業らスカウトが来ます。

スカウト目的ならば、ニクリーチやキミスカなども同じようなサービスをしていますので、こちらもおすすめです。ちなみにニクリーチもまた、ビズリーチが運営しています。

【評判・口コミあり】ニクリーチは"一部の就活生"にとってめちゃくちゃ有益!料金は完全無料です就活界隈で話題のニクリーチ。無料でお肉が食べながら人事とお話ができる就活サービスです。 少し不安に思う方もいらっし...
【キミスカの特徴】独自の適性検査が”超有能”!自己分析だけでも使い倒したい!無料の就活サイトはたくさんあるけど、『キミスカ』って他の無料就活サイトと比較するとどんなメリットがあるの。と、気になる方がこの記事を読ん...

今まではビズリーチ・キャンパスの前提条件を紹介してきましたが、これからはメリットを紹介していきます。

<スポンサーリンク>

メリット1. キャリセン不要。『ビズリーチ・キャンパス』は自宅で申込みが完結

多くの大学は、キャリアセンターなど学内に設置している専用PCからOBOGを調べられます。全ての大学がどうかは分かりませんが、私の大学はわざわざ大学に行って、専用PCからOBOGの連絡先(メールアドレスや電話番号)を調べなければいけませんでした。

特に大学には用事がないのに、『わざわざ往復2時間以上掛けて行くのは面倒くさい』や『自宅PCのインターネットで完結できれば』と思っていました。

そのような問題点に対して、このビズリーチ・キャンパスを使えば自宅で完結できます。

普段往復2時間掛けて大学に行っている人が、自宅で完結すると、その通学時間の丸々2時間を違う時間に使えます。これって凄いことじゃないですか。

その分自己分析をしたり、SPI対策をしたり、アルバイトをしたりと、自宅にてOBOG訪問の連絡をすることで、もっと時間を効率的に使えます。

メリット2. キャリセンに登録してない人も、『ビズリーチ・キャンパス』に登録していることも

前述の通り、多くの大学はキャリセンなど学内に設置している専用PCから、OBOGを調べます。

やっと連絡先を知ることができて、メールアドレスに連絡してみたけど、アドレス変わって送れない。ということが多々あります。

実際に私が学生の頃、同一企業の5人のOBOGにメール送りましたが、全員アドレスが変わっていてメールエラーとなった苦い思い出があります。

それって何故かと言うと、大学卒業時に進路先を届けるついでに『OBOG訪問を受けますか?』のような項目に何気なくチェックしているだけで、社会人になってからアドレスが変わっても、OBOG訪問のためにアドレス変更の連絡をしていないからです。

社会人はアドレスを変えてもキャリセンに連絡していないことが多数。そのため、キャリセンでゲットしたアドレスには送れないこともある。

メールアドレスを変更したから大学に連絡するのは面倒くさいです。社会人は手続方法なんか知らないし、調べるのも面倒くさいので、おおよその方が連絡していないと思われます。

私も卒業してから大学へはメールアドレス変更の連絡はしていないので、OBOGとして載っているものの、学生は私宛に連絡することができないでしょう。

それに比べてビズリーチ・キャンパスはどうでしょうか。大学のなんとなくチェックしたものと比べて、『後輩たちに何かを伝えたい。』という熱い気持ちを持った社会人が多数です。

そう考えると連絡取れる可能性もぐっとあがり、自分の力になってくれそうな気がしませんか。

<スポンサーリンク>

メリット3. 『ビズリーチ・キャンパス』は企業一切関係ないので選考に関わらないい

企業側から学生に接触することは、十中八九リクルーター面談であり、込み入った話がができません。

【リク面担当者が大暴露】リクルーター面談で評価・見るポイントを教えます就職活動をしていると時に企業側から、 と接触があります。その場合は、十中八九リク面(リクルーター面談)と断言して良いです。...

しかし、このビズリーチ・キャンパスから申し込むと、企業が一切関わりません。そのため、給料や福利厚生、ぶっちゃけ職場環境や仕事はどう?って、実際に感じている疑問を本心で聞くことができます。

  • 実際、今の仕事楽しいですか?
  • ぶっちゃけ職場環境どうですか?
  • 給料はいくら貰ってますか?今後の伸びはどうですか?
  • 福利厚生で、『これあって便利』だったのありますか?

ぶっちゃけ話は、本来の選考では聞きにくいです。これは同じ大学のOBOGだからこそ聞ける話でで、いつも以上に有意義な時間を過ごせると思います。

そしたら社会人のメリットって何?

社会人は自分の仕事の話を誰かにしたいものです。このように協力的な社会人の多くは学生時代に同じようにOBOGにお世話になっています。そのような還元をしたいと思ってる社会人は意外と多いです。

また、後輩社員に同じ大学出身が入社してきてくれたら嬉しいです。昔より学閥は少なくなっているものの、どうしても可愛がりたくなります。そのため、同じ大学の後輩にできるだけ力になりたいものです。

デメリット1. 『ビズリーチ・キャンパス』は高学歴しか使うことができない

日本で言われているいわゆる高学歴の学生が対象です。MARCH(マーチ)がボーダーとなっており、私立国立ともにこのマーチ以上と言われている大学が対象です。

詳細は下記にて書いています。

早稲田大学、慶應義塾大学、大阪大学、東京大学、京都大学、東京工業大学、一橋大学、名古屋大学、名古屋工業大学、九州大学、九州工業大学、東京理科大学、中央大学、青山学院大学、明治大学、法政大学、立命館大学、立教大学、同志社大学、神戸大学、上智大学、関西学院大学、北海道大学、関西大学、大阪市立大学、大阪府立大学、学習院大学、国際教養大学、国際基督教大学、滋賀大学、首都大学東京、千葉大学、東北大学、筑波大学、広島大学、横浜国立大学、横浜市立大学、立命館アジア太平洋大学

残念ながら日東駒専や成成明学と言われる層は対象外のようですが、これから随時増える可能性もありますので、公式HPをチェックしておくことをおすすめします。

▼対象大学を調べてみる▼

<スポンサーリンク>

デメリット2. 『ビズリーチ・キャンパス』は同じ大学以外の社会人とは会えない

本来OBOG訪問であれば、同じ大学出身が原則です。そのため、ビズリーチ・キャンパスでも同じ大学出身でないと連絡を取ることができません。

もし志望している企業のOBOGが少ないようであれば、他の就活サイトを使うか、キャリセンに頼るしかありません。視野を広げるためにも、無料就活サイトを駆使したほうが良いと思います。

<無料就活サイトのまとめ>

OfferBox👈オファー(スカウト)型就活サイトはこれ!
キャリアチケット👈【就活初心者向け】カウンセリングがおすすめ
キミスカ👈【就活初心者向け】適性検査がおすすめ
就活ノート👈就活始めた初心者から企業研究している中級者向け
ビズリーチ・キャンパス👈【就活中級者向け】OB訪問は選考対策にも使える

ビズリーチ・キャンパスのメリット・デメリットまとめ

ビズリーチ・キャンパスにはデメリットもありますが、圧倒的にメリットが多いです。効率よく就活を進めたい、効率よくOBOG訪問をしたい方は必ず登録しておいたほうが良いでしょう。

▼実はキャリアセンターよりもおすすめ▼

\もちろん完全無料で利用できます/

その他、おすすめな無料就活サイトをまとめています。効率よく就活を進めるには確実に登録しておきたい就活サイトばかりです。

【完全無料】おすすめ就活サイト5選を紹介!就活生ならどれも登録必須級みなさん説明会の申し込みやESを提出しているサイトはどこを使っていますか?普通はリクナビやマイナビですよね。今回はリクナビ・マイナビには...
キミスカ
キミスカはスカウトが届く逆求人型の就活サイトです。
それだけではなく、特にこのキミスカででおすすめなのは、適性検査です。150問の質問に答え、9つの項目から分析される自己分析結果は相当な精度です。
おすすめ度
利用料完全無料(0円)
対象者自己分析が上手く行ってない方におすすめ
一番の特徴150問の質問に答え、9項目で正確に分析

詳細ページ公式ページ

ビズリーチ・キャンパス
気になる企業のOB訪問ができる。キャリセンに言われるまま登録している学内専用OBOG訪問と違い、就活生のために、わざわざ登録している社会人が多数。
ビズリーチ・キャンパスでOB訪問した方が、就活生の力になってくれる。
おすすめ度
利用料完全無料(0円)
対象大学MARCHクラス以上の国立私立大学
一番の特徴就活生の力になりたい社会人ばかりが登録している

詳細ページ公式ページへ

キャリアチケット
これまで6万人を指導してきて、内定率は驚異の80%。就活のプロがマンツーマン指導で対応してくれるため、普段は聞きにくい悩みなど相談しやすい。
非公開優良中小企業のを紹介があったり、強みが分かる独自の自己発見カウンセリングもある。
おすすめ度
利用料完全無料(0円)
対象者内定が出てない就活初心者におすすめ
一番の特徴就活生の力になりたい社会人ばかりが登録している

詳細ページ公式ページへ