【ブックマークすると便利】就活まとめ記事
社会人の準備

【現役SEが解説】3ヶ月で基本情報技術者試験に合格するおすすめ勉強法!

SEの登竜門でもある基本情報技術者試験。しかし、巷では下記のような噂も。

  1. 文系だけど、基本情報技術者試験は1ヶ月間で余裕
  2. 理系だから、試験前1週間で合格できた

中には簡単に合格できる方もいます。だからと言って、『基本情報は簡単なんだ。1ヶ月だけ頑張ろう』と考えるのは危険です。

実際に過去問を見てみるとIT初心者はもちろん、理系の方でも結構難しい内容です。

実際に理系出身の私からしても、結構難しいと感じました。そのため、1ヶ月ではなく、3ヶ月間コツコツ勉強をして、計画的に取り組みことをおすすめします。

そこで、どのように勉強したら、合格できるか実際に私が行っていた勉強法を解説していきます。

この記事はこんな方におすすめ
  • 基本情報技術者試験にとにかく合格したい
  • 文系出身だけど大丈夫かな
  • あまりお金を掛けずに合格したい

基本情報技術者試験に3ヶ月間で合格できた私のスペック

  • 大学:MARCH理系(非情報系)
  • 現在の職種:ユーザー系SIerのSE
  • 受験月:10月(社会人1年目の秋)
  • 勉強開始月:7月
  • 勉強期間:3ヶ月間(1日2時間程度)

理系出身であるものの、基本情報の勉強はしたことありません。しかも、SIer勤務ですが、基本情報で出てくるような知識はまったく使わない部署です。

それでは、私が勉強していた方法を説明していきます。

今回は基本情報技術者試験に合格するための勉強法です。根本的な内容から理解したい、知識を増やしたい方には、向いていませんのでご了承ください。

<スポンサーリンク>

そもそも基本情報技術者試験(FE)とは何か?

概要

国が定める情報処理技術者試験の一つで、PG(プログラマー)やSE(システムエンジニア)のIT技術・知識を示すための資格です。IT資格の中で、この基本情報技術者試験が最も基礎的なレベルな国家資格と考えても大丈夫です。

実は、この基本情報技術者試験よりも簡単な『ITパスポート』という資格もあります。しかし、こちらは当たり前に取れるような資格なので、IT業界では受ける価値もそこまでなく、持っている方は少ないです。

実施時期や試験内容

試験は春と秋の年二回です。例年4月と10月です。

  • 春(4月)の受験は1月~2月中旬頃までの申し込み
  • 秋(10月)の受験は7月~8月中旬頃までの申し込み

試験当日は午前と午後に分かれており、試験時間はそれぞれ150分です。

基本情報技術者試験は午前/午後ともにマークシート方式で、午前/午後それぞれ6割以上(100点満点中60点以上)が合格のボーダーとなっています。午前50点、午後70点では合格できません。

合格者は全体のおおよそ20%~30%程度に収まります。

出題分野は『広く浅く』のため、範囲は多岐に渡ります。大きく3つの分野に分けられます。

  • 50問:テクノロジ系(ネットワークやデータベースなど)
  • 10問:マネジメント系(プロジェクトや監査など)
  • 20問:ストラテジ系(法律関係やマーケティング、経営など)

この範囲の広さこそが、基本情報技術者試験の難易度が高い理由となっています。

どれぐらい勉強すれば良いのか?

世間一般的には、100時間勉強すれば合格できると言われています。しかし、実際に勉強してみて分かりましたが、100時間では到底合格できる力は付きません。

個人的には『3ヶ月×毎日2時間≒150時間~200時間』程度が必要と感じています。

間違っても1ヶ月で合格できると思わない方が良いです。普段からIT分野に関わっている方ならば合格できる力はあるかもしれませんが、まったくのIT初心者や社会人1年目の方は1ヶ月では無謀です。

3ヶ月間ぐらいコツコツ時間を掛けて、勉強することをおすすめします。

基本情報技術者試験の具体的な午前対策

おすすめ勉強法は『ひたすらアプリを使用して解く』

とにかくアプリを使って、様々な問題をひたする解きまくります。そして、文章すら覚えてしまいましょう。

私の場合、問題を見たら、何番が回答か分かるぐらい覚えていました。問題と解答番号が体に染み付いていました。

問題を見た瞬間、答えを見なくても回答番号が分かるぐらい暗記しましょう。

『問題覚えても意味を理解しなくちゃ、本番では解けないよ?』

確かにその通りで、私もそのように思っていた時期がありました。しかし、過去問を解いていると、『◯◯年と、◯◯年のこの問題似てない?』と思うことがあります。

実は基本情報技術者試験の多くは、過去問から問題が作られています。実際に、半分近くは過去問から出題されている、と分析されている方もいます。

簡単に言うと、過去問を繰り返し行っていると、実に半分近くの点数が稼げるのです。

アプリの良さは、スキマ時間にできることです。例えば電車移動中、例えば会社や大学の昼休み中等スマホさえあれば、どこでも解けます。

そのようなスキマ時間を活用するのが、合格への第一歩です。Google PlayでもApple Storeでも良いので、『基本情報』と調べてみてください。個人的には、この無料で使えるアプリを使用していました。

2019年春版 基本情報技術者試験問題集(無料全問解説付)

2019年春版 基本情報技術者試験問題集(無料全問解説付)

無料posted withアプリーチ

このアプリであれば、過去数年分の問題もカバーでき、解説も載っているので、網羅性が高いです。よく間違える問題や分野に対しては、参考書を読んで重点的に理解していく方法がおすすめです。

個人的に『キタミ式イラストIT塾 基本情報技術者』が好きです。絵や図がベースで書かれているので、活字嫌いの方にもすんなり読むことができます。

webサイトの基本情報技術試験ドットコムもおすすめ

  • アプリをダウンロードするのが面倒くさい
  • アプリだけだと不安

という方は、webサイトの『基本情報技術者試験ドットコム』にある『過去問道場』もおすすめです。

無料かつ1問1答で解説付きとは恐るべしと言ったところです。

基本情報技術者試験ドットコム

アプリやwebサイトだけだと不安という方へ

でも、『アプリだけでは不安』だったり、『回答だけではなく理由も知りたい』という方は参考書のようなテキストを購入することをオススメします。

基本情報のテキストは書店に行けば分かる通り、多くの会社から出版されています。そのため、『一番見やすい』、『一番読みやすい』本を実際に手に取ってフィーリングで探してみましょう。

個人的に分かりやすかったのは、『キタミ式イラストIT塾 基本情報技術者』です。図がベースで書かれているので、活字嫌いの方にもすんなり読むことができます。

あくまでこの『キタミ式イラストIT塾』は参考書のような扱いで、問題集ではありません。問題集としては過去問が優秀です。過去問一覧はIPA独立行政法人の公式HPに載っています。

残念なことに、独立行政法人の過去問には解説が載っていません。アプリも解説が付いているのは少なく、あっても1年分等と制限もあります。そのため、午前問題も一問一問解説が欲しい方は、『かんたん合格』が分かりやすくまとめられています。

簡単合格は午後問題の解説も載っておりますので、基本情報では重宝できる参考書・問題集です。

基本情報技術者試験の具体的な午後対策

午後試験の概要

午後対策は午前と打って変わって、アプリでの対策が難しいです。午後は7問に別れており、選択問題も存在します。

分野選択配点
問1情報セキュリティ必須20点
問2
~問5
ソフトウェア・ハードウェア2問選択各15点
データベース
ネットワーク
ソフトウェア設計
プロジェクトマネジメント
経営戦略・企業と法務
問6アルゴリズム必須25点
問7C言語1問選択25点
COBOL→Python
Java
アセンブラ
表計算

問6のアルゴリズムと、問7の言語問題の配点が20点ということもあり、力を入れるべき問題と捉えることができます。

全般的に午後の対策は必要です。午前4割程度、午後6割程度の勉強時間が良いバランスだと考えています。

選択問題のおすすめ

好みもありますので、解きやすそうな問題を最初から選んでおきましょう。解けなさそうなのは、最初から選択する余地はないので勉強する必要ありません。

文系でも比較的取っ掛かり易いのは、『プロジェクトマネジメント』と『経営戦略・企業と法務』の2つです。この2つは外す特に理由が見当たりません。

その他個人的には、『データベース』と『ソフトウェア設計』がおすすめです。構造さえ理解してしまえば、容易に7割程度取ることができます。

あくまで個人的なおすすめですので、何が解きやすそうか一回は全ての分野の問題を見てください。その上で自分で判断してください。

勉強法はひたすら過去問を解いて、解説を読んで理解してください。

午後の場合は、午前と違って問題に対する理解が必要です。そのため、自宅学習できる時には午後対策をしましょう。

午後試験の対策方法

基本情報技術者試験では、午前と違って暗記だけではすんなり行きません。そのため、こちらはかなりの対策が必要です。本屋に行って、パラパラ流し読みして自分が読みやすい参考書・過去問を使って勉強するのが一番良いです。

『その中でもおすすめ教えてほしい』という方へ。

私が強くおすすめするのは、『基本情報技術者午後試験対策書 (情報処理技術者試験対策書)』です。

この参考書は午後対策のみに絞って書かれていますので、解答を作成するためのポイントやノウハウがきっちり書かれています。

とにかくこの参考書に書いてあることを、覚えるような勢いで取り組めれば午後対策もバッチリです。

別途対策が必要なのは『アルゴリズム』分野

アルゴリズムって言葉では分かっているものの、実際に解いてみるとかなり難しいです。

対策はとにかく数をこなすしかありません。

  1. 問題を自力で解く
  2. 解説を熟読する

何度も何度も理解できるまで、上記ルーティンで頭に叩き込んでください。

苦手意識のある方が多いため、『基本情報技術者午後試験対策書 (情報処理技術者試験対策書)』のみでは太刀打ちができないかもしれません。そのため、苦手と感じる方は、福嶋先生の集中ゼミシリーズとも言われる、『うかる! 基本情報技術者 [午後・アルゴリズム編] 』が分かりやすいです。

アルゴリズムは基本情報技術者試験の生命線と言っても過言ではないため、必ず対策が必要です。『1冊分のお金が勿体無い』と思って購入しないと負けます。2,000円程度ですので、そのぐらいは出す価値はあります。

おすすめな言語問題や、対策方法はある?

言語問題はアルゴリズムと並んで重要な問題です。この2つの分野で点が取れないと、基本情報技術者試験には合格できません。

言語問題では、プログラムで実際使用する言語が多数です。

  1. C言語
  2. COBOL→Python
  3. Java
  4. アセンブラ
  5. 表計算

2019年秋からCOBOL→Pythonに変わりました。COBOLを採用している金融機関も多いため、金融系SIerは涙目です。

プログラミング経験者は、その言語を選択するのがベストですが、新入社員や大学生だとプログラミングの経験がない方も多いかと思います。

そのため、プログラミング経験が浅い方は、表計算を選択するのが一番のおすすめです。見て分かる通り『表計算』のみプログラミング言語ではありません。

なぜ表計算かと言うと、C言語からアセンブラまでは、研修や勉強に時間が掛かり、表計算はEXCELのような感覚で解けるからです。

こちらも過去問演習を基本にして、分からない場合は参考書を手に取りましょう。表計算専用の参考書は『らくらく突破 表計算』がおすすめです。

下記のような選択がおすすめ

  • プログラミング経験者→その言語を選択
  • プログラミング未経験者・経験が浅い方→表計算

基本情報技術者試験の勉強法まとめ

ここまで読んで頂ければ、到底1ヶ月で合格できないのは分かりましたよね。ちなみに午前/午後ともに6割で十分です。

そのため、何かの分野を捨てる勇気も必要です。特に午前問題は苦手な分野がある場合は、勇気を持って捨てましょう。その分得意な分野では確実に点が取れるようにしましょう。

最後に、もう一度ポイントをおさらいします。

午前対策:

  1. アプリで問題を解き、問題の理解は必要ない
  2. スキマ時間の勉強のみでも大丈夫

午後対策:

  1. 過去問演習&解説熟読し、問題の理解が必要
  2. アルゴリズム問題と言語問題の対策が重要

共通:

  1. 午前4、午後6程度のバランスで勉強
  2. 公式HPの過去問のみで十分だが、過去問解説本があると便利

結構ガチで勉強しなくちゃ受かりません。特に午後問題は結構難しいです。気を引き締めて勉強していきましょう。

▼午前対策:『キタミ式イラストIT塾 基本情報技術者』

▼午後対策:『基本情報技術者午後試験対策書 (情報処理技術者試験対策書)』

▼アルゴリズム対策:『うかる! 基本情報技術者 [午後・アルゴリズム編] 』

▼表計算対策:『らくらく突破 表計算』

▼過去問解説:『かんたん合格』

▼過去問一覧:IPA独立行政法人の公式HP

卒業旅行
【保存版厳選7選】就活終えた大学生が社会人までにやっておくべきこと!大学生のみなさん、ほとんどの方は8月には就活が終わっていると思われます。 その後およそ半年間、社会人になるまでの残り短い期間で何を...

番外編:試験日のアドバイス

午前2時間30分、午後2時間30分と長時間頭をフル稼働させるので、正直疲れます。

チョコや飴などの甘い物も持っていき、試験前、昼休憩に補給しておくことがおすすめです。

また、お昼ご飯も満腹までは食べずに、しっかり仮眠を取りましょう。仮眠を取る、取らないで午後の頭の働き方が段違いです。

みなさんも経験あると思いますが、お昼過ぎに眠くなって集中できなくなったらオシマイです。

理想的なスケジュールは、午前問題を2時間以内に終わらせ、早期退出し軽く昼食を取ります。そして、お昼休憩時にがっつり仮眠を取ります。

私は1時間弱の仮眠を取りましたが、自分にあった仮眠時間を取ってください。例えば、15分が良いとも言われていますので、そのぐらいの時間でも良いです。

仮眠の目的は『頭をスッキリさせること+午後に眠くならないようにすること』です。そのため、自分は何分ぐらいがスッキリできる時間かは、事前に確認しておきましょう。

卒業旅行
【保存版厳選7選】就活終えた大学生が社会人までにやっておくべきこと!大学生のみなさん、ほとんどの方は8月には就活が終わっていると思われます。 その後およそ半年間、社会人になるまでの残り短い期間で何を...
当サイトのまとめ記事

私はマーチ理系出身で、就活ではSIerや通信、金融系を見てきました。

特に個別説明会83社を代表に、座談会・ES・GD・面接など数多く受け、企業の雰囲気、志望動機や学歴等就活で感じたことを公開しています。その他就活に役立つサービスも触れていますので、就活初心者はぜひ見て下さい。