【ブックマークすると便利】就活まとめ記事
この記事のURLをコピーする
SIer-ユーザー系

【就活実体験】SCSKの選考や口コミ・評判を紹介

scsk

SCSKは住商情報システムとCSKが合併して、2011年に誕生した会社であり、商社系のユーザー系SIerです。

働き方変革前にも働き方改革を行っており、こちらもユーザー系人気ランキング毎年上位の企業です。

それどころか全業界の中でも就職希望ランキングに上位に食い込む企業です。そんなSCSKの就活においての特徴を紹介します。

SCSKの特徴

事業内容

総合商社でもある住友商事のシステム会社です。

内販は全体の20%ほどであり、外販に力を入れておりNRIに次ぐ業界第2位の大手企業です。
※ご指摘がありました通り、NRIに次ぐ業界第2位というのは営業利益率です。売上高ではありません。

一部上場企業TOP100のうち、9割以上の会社と取引経験があります。特定の分野だけではなく製造30%、流通15%、金融20%、その他35%と幅広い分野と取引があります。そのため、ある特定の分野が廃れても分散させているため、問題ありません。

SCSKとしてのグループ会社も多く、国内のみならず海外にも子会社を持っています。そのため、BPO(Bussiness Process Outsourcing)を積極的に行っています。

業務内容も多種多様で基盤系のインフラから、アプリ系まで関わっています。

福利厚生や勤務地

SCSKの平均残業時間は20時間ほどであり、部署によっては残業がほぼ無い、平均残業時間10分との噂があります。残業20時間以内の人にも20時間分の残業代を支給し、20時間以上の人は残業した分だけ支給されます。人を活かすランキングでは全企業の中から1位になったこともあります。

SCSKの有給消化率は95%ほどあり、有給が取りやすい環境です。『100%消化ではなくては意味が無い』と、社長が言っているとか言っていないとか。

給料は10年目の社員でおよそ650万円のようです。公募型ジョブシステムチャレンジシステムがあり、人数が空いている部署に手を挙げて異動することもできます。

【保存版】座談会やOB訪問で聞いておくべき福利厚生質問リスト企業研究しても正直大手の違いが分からない。 特にユーザー系SIerなんて、企業研究したところで、学生から見える範囲は限られています...
<スポンサーリンク>

SCSKの口コミや評判

中小企業から大企業までシステム開発から保守運用まで関わることができる。業界も金融、小売業から製造業、メディア、商社など多岐に渡る。
規定以上の残業は許可されない。有給休暇取得も業務に支障がないよう調整すればいつでも好きなときに休暇を取ることができる。仕事の内容や所得より、プライベートに比重を置く人にとってはいい会社なんだと思う。
研修の種類がとにかく多い。AIについてもしっかり学べる環境にあるので、最先端の技術を学びたい考えの若手にはうってつけの職場。
基本的にフレックス制か裁量労働制で、比較的柔軟に勤務時間のコントロールができる。時間外の会議はほとんどない。

SCSKといえば働きやすい会社とイメージでしたが、やはりそのようです。特に自社勤務の場合、フレックスの活用や在宅勤務で柔軟に働き方をコントロールできるようです。また、有給休暇取得にも積極的であり、かなり力を入れているようです。

その他、福利厚生や社風、仕事内容などの話は、『実際の社員が書き込んでいる口コミ』を参考にすると良いです。キャリコネならば、60万以上の企業が登録されてて、『転職希望者の信頼度が高い』『20代30代が注目している』『人事担当者が注目している』の3つの部門でNo.1を獲得しています。

▼転職サイトは一番大きな現場の声▼

\もちろん完全無料で利用できます/

SCSKの選考対策にOB訪問も

選考対策には、実際に入社した先輩社員の声も参考になります。数々の面接を乗り越えてきましたので、確実に力になるでしょう。特にビズリーチ・キャンパスならば、同じ大学の先輩を探すことができるので、一からOB訪問をしようとしている人にはおすすめです。

▼実はキャリアセンターよりもおすすめ▼

\もちろん完全無料で利用できます/

【メリット・デメリット】OB訪問はビズリーチキャンパスが大学キャリセンよりおすすな理由を紹介就活生の皆さんはOBOG訪問していますか。必ずOBOG訪問する必要はありませんが、しておくて今後の就活が有利に進むことが多いです。 ...
<スポンサーリンク>

SCSKの就活生の学歴

特に誰かと話したわけではないので分かりませんが、200人以上の採用予定数から見ると幅広いと推測しています。

優良企業であるものの採用人数から考えると、MARCHどころか日東駒専でも十分チャンスはあると思います。実際に入社後SCSKの方とお仕事することありますが、その方は成成明学の方でした。

SCSKの選考

  • 説明会(必須)
  • ES&テスト
  • 複数回面接

テストはヒューマネージのTG-WEBでした。通常の一般的なテストセンター(SPI)と比較してもかなり難しかったので、対策は必須です。

下記のようなTG-WEB対策本を、わからない所がなくなるまで周回しましょう。私は対策をしていなかったので、テストの結果が散々でした。

また、当時は単願制度がありました。単願は「内々定もらったら必ず入社します」という意味合いだと思われ、面接回数などが少なくなる気がしました。単願制度はゼミ等の教授からの推薦が必要ですので、お願いしましょう。

SCSKの志望動機

多くの企業を支えられること

営業利益率が業界第二位というところから、業界でのプレゼンスが高い。私自身手に職を付けたくてSEを目指していることもあり、貴社であれば必ずしも成長できると感じている。

また、ユーザー系にも関わらず外販にも積極的なところから、企業としても成長著しいと感じている。

社員を大事にしていること

有給消化100%を目指していることや、働き方改革にも積極的であり、ワークライフバランスがしっかりしている。仕事とプライベートでメリハリが付けられ、イキイキと働けそうと感じている。

ユーザー系SIerの志望動機を業界別に紹介!銀行・証券・生保・損保・鉄道・商社のまとめユーザー系SIerって結局システムを作る会社でしょ?業界によって何が違うのか分からないと思われるかもしれません。 https://...

SCSKの選考結果

ヒューマネージのテスト落ちです。本当にヒューマネージ対策はした方がよいです。めちゃくちゃ難しかった印象です。

男女関わらずワークライフバランスを考えている場合、特におすすめの企業です。ホワイト企業の象徴な企業でした。とても入りたかった企業の一つです。

当サイトのまとめ記事

私はマーチ理系出身で、就活ではSIerや通信、金融系を見てきました。

特に個別説明会83社を代表に、座談会・ES・GD・面接など数多く受け、企業の雰囲気、志望動機や学歴等就活で感じたことを公開しています。その他就活に役立つサービスも触れていますので、就活初心者はぜひ見て下さい。

 

この記事のURLをコピーする