【まとめ】就活でやるべきこと
SIer-ユーザー系

JRシステムの選考【就活】

jrsys

日本を代表する鉄道事業を支えているのが、このJRシステムです。
(鉄道情報システムとの名称ですが、以下JRシステムとさせていただきます。)
JR東日本システム(JEIS)等と違う点、選考を伝えていきます。

JRシステムの特徴

事業内容

JR向けのシステム開発、保守、運用をしています。
JR各社間にまたがる情報システムを一元的に管理しており、
JEIS(JR東日本情報システム)やJTIS(JR東海情報システム)と違って全国の鉄道を支えています。
有名なのはマルスシステム(切符購入やSuicaをチャージする駅前にある機械)で、その他JR-NETなどが挙げられます。
また、全国の時刻表作成にも関わっています。
⇛時刻表が本当に凄い

労働時間

労働時間は9:00~17:40のフレックス制です。
(コアタイムが10:00~15:00)
24時間365日の運用ですが、夜間は協力会社に委託しているため基本的に夜勤はありません。(障害が起こった時にはあるかも)

勤務地や福利厚生

勤務地は新宿本社や国分寺があり、新宿は総務や営業など2割、
システムエンジニアの多くは国分寺で7割、
その他1割ぐらいの割合だそうです。
独身寮は男性が立川、女性が府中にあり、社宅は国分寺にあります。
実家がどこだろうと住宅手当は1人暮らしをすれば誰にでも?出るらしい。
また、新幹線代が安くなる福利厚生もあるとか。

<スポンサーリンク>

JRシステムの選考フロー

説明会&テスト→GD→1次(集団)→最終(個人)

説明会&テスト

説明会時にその場でテストを受けました。難しい問題はなく、通常通りテストセンターの対策をしていれば問題なく解ける問題です。
確かESは出していなかったような、、、もしかしたらリクナビのオープンESを出したかもしれません、、、履歴書には志望動機を書きました。

GD(グループディスカッション)

グループディスカッションは鉄道の内容ではなく、誰でも議論できる内容でした。
最後にグループごとに、代表者が発表しました。(私は発表しませんでした)
ただ、人数が多かったです。通常4~6人ぐらいで行うものだと思っていましたが、
10人ぐらいで行った記憶です。
当たり前ですが的確なことを発言できなければ落ちると思います。
グループディスカッションの後には、若手社員が参加して座談会が開かれた記憶があります。
(何かみんなが同じような作業着を着ていたのがダサかった…)
また、この後にはアンケートを書きました。この内容は覚えておいたほうがよいです。最終面接の時に聞かれました。

1次面接

学生2人:面接官3人の割合で行いました。
聞かれたことに対して交互に答えていく、一般的な面接でした。
穏やかな環境で行われとても話しやすかったです。
聞かれたことは、
・学生時代頑張ったこと
・学生時代の選考
・志望動機
などオーソドックスな質問で、そんなこと聞いてくる?という質問はありませんでした。
グループディスカッションと同様、1次面接の後にもアンケートを書きました。
こちらも何を書いたか覚えておいたほうが良いです。

最終面接

最終のときは小論文を書きました。確か「なぜあなたは働くのか。」というお題だったような。
特に対策は必要なく、自分の思っていることをかければ大丈夫だと思います。
面接官が役員クラスでしたが、穏やかでとても話しやすかった印象を持ちました。
1次面接と同様、学生時代頑張ったことや志望動機、アンケートのことを聞かれました。ここで志望動機をプッシュすればいけますね。

就活生の学歴

グループディスカッション時と懇親会時にしか話していませんが、
日東駒専やMARCH理科大上智から電機大や都市大芝浦と幅広かったです。
内定者懇親会の時にも同様の方々がいて、学歴で絞っているとは思えなかったです。

JRシステムの志望動機

人の雰囲気、成長性
大規模なシステムに関われる
⇛JEISと違って日本全国関わることができる。

JRシステムの結果

内々定を頂きかなり良い企業だと思いましたが、辞退しました。
座談会、懇親会などで多くの社員を見てきましたが、
ギラギラした雰囲気はなく、穏やかな社員の方が多かったです。
社員の雰囲気は最高でしたが、待遇面で辞退をしました。
電話辞退時にも丁寧な対応で好感が持て、就活を通して好きになった企業です。

JR東日本情報システム
JR東日本システムの選考【就活】日本を代表する鉄道事業を支えているのが、このJR東日本システムです。 (以下JEIS) JRシステムと違う点、選考を伝えていきます。...
ABOUT ME
MARCH理系生ヒロ
MARCH理系生ヒロ
MARCH理系生ヒロです。 大学時はMARCH理系に所属し、SIerや通信系を中心に就職活動をしていました。 いくつか内定をいただき、今では保険会社の情報システム部門に関わっています。 就職活動で経験した有益な情報をブログで書いています。