【ブックマークすると便利】就活まとめ記事
SIer-ユーザー系

【就活実体験】JRシステムの選考

jrsys

日本の鉄道は世界でも有数の発展です。その鉄道事業をITから支えているのが、JRシステムです。鉄道情報システムとの名称ですが、以下JRシステムとします。

JRのIT会社と言えば、JR東日本情報システムも存在し、お互い同じようなことを行っているのではないか。と思っていた日もありました。今回は、JRシステムを紹介するにあたり、JR東日本情報システム(JEIS)と違う点も説明していきます。

JRシステムの特徴

事業内容

JR向けのシステム開発、保守、運用をしています。

JR各社間にまたがる情報システムを一元的に管理しており、JEIS(JR東日本情報システム)やJTIS(JR東海情報システム)と違って全国の鉄道を支えています。

有名なのはマルスシステム(切符購入やSuicaをチャージする駅前にある機械)で、その他JR-NETなどが挙げられます。また、全国の時刻表作成にも関わっており、この時刻表が本当に凄いです。

また、必ずJR東日本情報システムとの違いを聞かれると思います。私は、日本全国に携わることができるで乗り越えました。

労働時間

労働時間は9:00~17:40のフレックス制です。コアタイムは10:00~15:00と決められています。

24時間365日の運用ですが、夜間は協力会社に委託しているため基本的に夜勤はありません。しかし、障害が発生した場合は夜間出社も有りえます。これはSIerとして仕方がない部分かもしれません。

勤務地や福利厚生

勤務地は新宿本社や国分寺があり、新宿は総務や営業など2割、SE(システムエンジニア)の多くは国分寺で7割、その他1割ぐらいの割合だそうです。

独身寮は男性が立川、女性が府中にあり、社宅は国分寺にあります。実家がどこだろうと住宅手当は1人暮らしの申請をすれば、誰にでも出るらしいです。また、新幹線代が安くなるJR特有の福利厚生もあります。

福利厚生などの話は、『実際の社員が書き込んでいる口コミ』を参考にすると良いです。キャリコネならば、60万以上の企業が登録されてて、『転職希望者の信頼度が高い』『20代30代が注目している』『人事担当者が注目している』の3つの部門でNo.1を獲得しています。

▼転職サイトは一番大きな現場の声&完全無料▼

キャリコネの公式HPへ👈

<スポンサーリンク>

JRシステムの選考フロー

  1. 説明会&テスト
  2. GD(グループディスカッション)
  3. 1次(集団)
  4. 最終(個人)

説明会&テスト

説明会時にその場でテストを受けました。難しい問題はなく、通常通りテストセンターの対策をしていれば問題なく解ける問題です。

確かESは出していなかったような、、、もしかしたらリクナビのオープンESを出したかもしれません、、、履歴書には志望動機を書きました。

GD(グループディスカッション)

グループディスカッションは鉄道の内容ではなく、誰でも議論できる内容でした。最後にグループごとに、代表者が発表しましたが、私は発表していません。

特徴的だったのは人数が多かったことです。通常4~6人ぐらいで行うものだと思っていましたが、10人ぐらいで行いました。ちゃんと審査さえているのか不安でしたが、無難にこなしていれば大丈夫でしょう。

グループディスカッションの後には、若手社員が参加して座談会が開かれました。ここでは社員の方が、作業着のような物を着ていたのが印象的でした。

この後にはアンケートを書きました。この内容は覚えておいたほうがよいです。最終面接の時に聞かれました。

1次面接

広い立派な会議室で、学生2人:面接官3人で行いました。

聞かれたことに対して交互に答えていく、一般的な面接でした。穏やかな環境で行われとても話しやすかったです。
聞かれたことは、オーソドックスな質問です。

  • 学生時代頑張ったこと
  • 学生時代の選考
  • 志望動機

そんなこと聞いてくる?という質問はありませんでした。グループディスカッションと同様、1次面接の後にもアンケートを書きました。こちらも何を書いたか覚えておいたほうが良いです。

最終面接

最終面接時には小論文を書きました。確か『なぜあなたは働くのか。』というお題だったような。

特に対策は必要なく、自分の思っていることをかければ大丈夫だと思います。面接官が役員クラスでしたが、穏やかでとても話しやすかった印象を持ちました。

1次面接と同様、学生時代頑張ったことや志望動機、アンケートのことを聞かれました。ここで志望動機をプッシュすればいけますね。

JRシステムの選考対策にOB訪問も

選考対策には、実際に入社した先輩社員の声も参考になります。数々の面接を乗り越えてきましたので、確実に力になるでしょう。特にビズリーチ・キャンパスならば、同じ大学の先輩を探すことができるので、一からOB訪問をしようとしている人にはおすすめです。

▼登録に最短3分&完全無料で利用が可能▼

ビズリーチ・キャンパスの公式HPへ👈

\OB・OG訪問だけではなく、スカウトも来る

大学公式OBOG訪問よりも、ビズリーチキャンパスをおすすめする理由就活生の皆さんはOBOG訪問していますか。必ずOBOG訪問する必要はありませんが、しておくて今後の就活が有利に進むことが多いです。 ...

JRシステム就活生の学歴

グループディスカッション時と懇親会時にしか話していませんが、日東駒専やMARCH理科大上智から電機大や都市大芝浦と幅広かったです。内定者懇親会の時にも同様の方々がいて、学歴で絞っているとは思えなかったです。

JRシステムの志望動機

  1. 人の雰囲気、成長性
  2. 大規模なシステムに関われる:JEISと違って日本全国関わることができる。

JRシステムの結果

内々定を頂きかなり良い企業だと思いましたが、辞退しました。座談会、懇親会などで多くの社員を見てきましたが、ギラギラした雰囲気はなく、穏やかな社員の方が多かったです。

社員の雰囲気は最高でしたが、待遇面で辞退をしました。電話辞退時にも丁寧な対応で好感が持て、就活を通して好きになった企業です。

JR東日本情報システム
【就活実体験】JR東日本情報システムの選考JR東日本を支えているのが、このJR東日本情報システム(JEIS)です。 鉄道のSIerといえば、JRシステムもありますが、そこと...
【ブックマークしておくと便利】当サイトまとめ記事

とにかくこのページさえ読んでおけば、就活とは何をするべきかが分かるようになっています。

私はMARCHの理系出身で、SIerや通信等のSEを狙って就職活動していました。

就活初期にはESや面接を数こなしていくにも、なかなか手応えを感じられない。せっかくこんなに多くの説明会や面接を受けているのに、全然内定出ない。

いつも通りに自己分析をしていると、自分は何かアピールすべきことを間違っているのではないか?という疑問が生まれました。そこからアピールすることをガラッと変えたら、みるみる内定が出ました。

この内定をいただいた経験は誰かに伝えたいと考え、ブログを始めました。一人でも多くの就活生が、この就活に対してプラスになるようなものを発信できればと思います。

このブログに書いていることは、その企業の一部であり全部ではありません。

たまたまお会いした社員の印象が良かった、悪かったという面がありますので、必ずしもその企業の社員全員が良い、悪いということはありません。そのため、あくまで参考程度にお願いします。

▼ブックマークしておくと便利▼

まとめ記事へ👈

\就活に役立つお得情報を随時更新中/