【まとめ】就活でやるべきこと
SIer-ユーザー系

日興システムソリューションズの選考【就活】

日興システムソリューションズ

証券会社のシステムを手がけているユーザー系のSierです。
証券系ユーザー企業はここしか見ていませんでした。
(野◯は激務と聞いているので…)
そんな日興システムソリューションズ(以降NKSOL)の、ESやGD、面接の内容を解説していきます。

NKSOLの特徴

事業内容

SMBC日興証券のシステム開発を担当しています。
証券システムと聞くと、あまりイメージつかないかもしれませんが、かなり大きなシステムです。
例えば銀行のようなシステムでは、1秒も止めてはいけないシステムですが、
証券のシステムは、0コンマ何秒を競う世界に来ています。
また、親会社が銀行になったので(SMBC日興証券の親会社は三井住友フィナンシャルグループ)制約が多くなったとの声があります。

上流工程がメインで、下流工程は協力会社に委託をします。
残業に関しては厳しく、40時間で注意が入り、60時間以上はできません。
また、中途採用者が多いようです。

勤務地や福利厚生

神奈川県の鶴見を主な拠点として持っています。
ほぼここで働くと思ってよいです。
駅からは結構遠く20分ぐらいかかりますので、車通勤でも問題ないようです。

福利厚生はユーザー系SIerの中でも別格だと感じました。
住宅手当が75%出ることや、初任給25万円です。
しかも、住宅手当は実家から通える人でも一人暮らしならば出ます。
実家から通える人は出ない等ある企業の中、破格の対応ではないでしょうか。

その他仕事は基本的にスーツではなく、オフィスカジュアルな服装であり、ラフな格好の方が多いです。
最終面接後に職場見学をした感想です。

<スポンサーリンク>

NKSOLの選考フロー

説明会→テストセンター&ES→グループディスカッション→1次面接→最終面接
1次面接以降は交通費が出るため、判子持参が必須です。

説明会

東京のビルで説明会が開催されました。
説明会後に若手社員との座談会があり、人事の方が退出し、ざっくばらんに話を聞くことができました。

グループディスカッション

学生8人ぐらいに対して面接官2人でグループディスカッションしました。
テーマは覚えていませんが、いつも通りこなしていけば問題なかったです。

1次面接

面接は学生1に対し部長クラスの面接官2人でした。
質問内容は主に下記の通りです。
・学生時代頑張ったこと
・学生時代何を勉強していたのか
・志望動機は何か
面接官は証券の親会社から出向であり、足を組んでいたり、口調があまり良くなかったりと証券特有の怖さがありました。

最終面接

面接は学生1に対し役員クラスの面接官2人いました。
1次と同様の質問であり、志望動機についてよく聞かれました。
雰囲気も1次と同様で証券特有の雰囲気が漂っていました。

就活生の学歴

誰かと話したわけではないので推測が難しいです。
グループディスカッションの時の友人が早稲田生だったので、早慶やMARCHが基本なのかと推測します。

NKSOLの志望動機

①証券分野に関わることができる
1秒も止めてはいけない、さらには0コンマ何秒の世界を争うシステムに携わることができるところ

②自分自身の成長
少数精鋭で研修を受けることができ、お互い競い合える環境であると感じました。実際に一人当たりの売上高が高いことや、資格取得率が高いことから、生産性が高く技術力の高いシステムエンジニアになれると感じた。

結果&まとめ

内々定をいただきました。
実際に入社しようと思っていましたが、ユーザー系の親会社から内々定をいただいたため、辞退しました。
実際に入社する旨を伝えてから辞退してしまったため、怒られるかな。と覚悟していたのですが、自分の意見を尊重してくれて良い人事の方でした。
(ネットでは怖い人事と言われていたので、あまりネットのことを信用しないほうがいいですね)
ユーザー系のSIerを見ているのならば、第一志望にしても良い企業だと思います。
(鶴見ってのが難点ですが、それ以外は良いです)

smbc_nikkousyoken
SMBC日興証券(システム採用)の選考【就活】今回はSIerではありませんが、 日興証券のシステム採用コースについて紹介します。 日興システムソリューションズの内定をいただいてい...
ABOUT ME
MARCH理系生ヒロ
MARCH理系生ヒロ
MARCH理系生ヒロです。 大学時はMARCH理系に所属し、SIerや通信系を中心に就職活動をしていました。 いくつか内定をいただき、今では保険会社の情報システム部門に関わっています。 就職活動で経験した有益な情報をブログで書いています。