トップページへ戻る
SIer-ユーザー系

【私の就活実体験】日興システムソリューションズの選考や口コミ・評判を紹介

証券会社のシステムを手がけているユーザー系のSierです。証券系ユーザー企業はここしか見ていませんでした。

そんな日興システムソリューションズ(以降NKSOL)の、ESやGD、面接の内容を紹介していきます。

就活で感じた日興システムソリューションズ(NKSOL)の特徴

事業内容や特徴

SMBC日興証券のIT戦略・システム開発を担当しています。

証券システムと聞くと、あまりイメージつかないかもしれませんが、かなり大きなシステムです。例えば銀行のようなシステムでは、1秒も止めてはいけないシステムですが、証券のシステムは、0コンマ何秒を競う世界に来ています。

また、親会社が銀行になったので(SMBC日興証券の親会社は三井住友フィナンシャルグループ)制約が多くなったとの声があります。

上流工程がメインで、下流工程は協力会社に委託をします。残業に関しては厳しく、40時間で注意が入り、60時間以上はできません。また、中途採用者が多いようです。

勤務地や福利厚生

神奈川県の鶴見を主な拠点として持っています。ほぼここで働くと思ってよいです。駅からは結構遠く20分ぐらいかかりますので、車通勤でも問題ないようです。

福利厚生はユーザー系SIerの中でも別格だと感じました。住宅手当が75%出ることや、初任給25万円です。しかも、住宅手当は実家から通える人でも一人暮らしならば出ます。実家から通える人は出ない等ある企業の中、破格の対応ではないでしょうか。

その他仕事は基本的にスーツではなく、オフィスカジュアルな服装であり、ラフな格好の方が多いです。最終面接後に職場見学をした感想です。

<スポンサーリンク>

日興システムソリューションズ(NKSOL)の口コミや評判

家賃の自己負担率3割、敷金礼金は会社負担と、とにかく住宅手当が手厚いのが嬉しい。
年次有給休暇が取得しやすい環境で、連続休暇やリフレッシュ休暇、メモリアル休暇などの様々な休暇制度がある。
社員は基本的にシステム開発の上流工程を中心にキャリアを積んでいくため、金融機関のシステム部門や、金融系の上流SEとしてのキャリアを志向している場合、市場価値の高い経験が手に入る。
証券会社からの出向者も多いためからか、圧迫的な態度を取られることもある。

給与はユーザー系SIerの中でもトップクラスです。内販のみの企業であれば、右に出る会社はないでしょう。さらに住宅手当も7割ほど出ることや、有給休暇も取得しやすいことからワークライフバランスも取りやすいでしょう。

その他、福利厚生や社風、仕事内容などの話は、『実際の社員が書き込んでいる口コミ』を参考にすると良いです。キャリコネならば、60万以上の企業が登録されてて、『転職希望者の信頼度が高い』『20代30代が注目している』『人事担当者が注目している』の3つの部門でNo.1を獲得しています。

▼転職サイトは一番大きな現場の声▼

\もちろん完全無料で利用できます/

日興システムソリューションズ(NKSOL)の選考フロー

日興システムソリューションズの選考フローは以下の通りです。

  1. 説明会
  2. テストセンター&ES
  3. グループディスカッション
  4. 1次面接
  5. 最終面接

グループディスカッションからは神奈川県の鶴見で行われました。1次面接以降は交通費が出るため、嬉しいですね。

説明会

東京のビルで説明会が開催されました。説明会後に若手社員との座談会があり、人事の方が退出し、ざっくばらんに話を聞くことができました。

グループディスカッション

学生8人ぐらいに対して面接官2人でグループディスカッションしました。テーマは覚えていませんが、いつも通りこなしていけば問題なかったです。

1次面接

面接は学生1に対し部長クラスの面接官2人でした。質問内容は主に下記の通りです。

  • 学生時代頑張ったこと
  • 学生時代何を勉強していたのか
  • 志望動機は何か

面接官は証券の親会社から出向であり、足を組んでいたり、口調があまり良くなかったりと証券特有の怖さがありました。

最終面接

面接は学生1に対し役員クラスの面接官2人いました。1次と同様の質問であり、志望動機についてよく聞かれました。雰囲気も1次と同様で証券特有の雰囲気が漂っていました。

ちなみに面接最後に『ちなみに私達の名前覚えています?』と聞かれました。すっかり聞いていなかったので、『緊張していて忘れてしまいました』と本音で伝えたら、笑って教えてくれました。これが面接結果に響くのかどうか。

<スポンサーリンク>

日興システムソリューションズ(NKSOL)の就活生の学歴

誰かと話したわけではないので推測が難しいです。グループディスカッションの時にたまたま早稲田の友人がいました。早慶やMARCHが基本なのかと推測します。

とは言っても、MARCH以下の方も多数いるようです。就活で仲良くなった駒沢大学生が内定を持っていると聞いた気がします。

日興システムソリューションズ(NKSOL)の選考対策にOB訪問も

選考対策には、実際に入社した先輩社員の声も参考になります。数々の面接を乗り越えてきましたので、確実に力になるでしょう。特にビズリーチ・キャンパスならば、同じ大学の先輩を探すことができるので、一からOB訪問をしようとしている人にはおすすめです。

▼実はキャリアセンターよりもおすすめ▼

\もちろん完全無料で利用できます/

【メリット・デメリット】OB訪問はビズリーチキャンパスが大学キャリセンよりおすすな理由を紹介就活生の皆さんはOBOG訪問していますか。必ずOBOG訪問する必要はありませんが、しておくて今後の就活が有利に進むことが多いです。 ...

他の就活生が使用していた日興システムソリューションズ(NKSOL)の志望動機を紹介

箇条書きで日興システムソリューションズの志望動機を紹介していきます。志望理由に正解はありませんので、自分の言葉で伝えられるようにしましょう。

  • 証券とITのスペシャリストになれる
  • 上流工程からシステム開発に携われる
  • 銀行、保険と比べて証券は早さが求められており、責任感ある仕事ができる
  • 証券システムは0コンマ何秒を競うシステムに関われる
  • 「貯蓄から投資へ」という時代の流れから、今後も期待できる業界
  • 初任給が高く、住宅補助が高く、福利厚生が充実している
  • 給料が高いので、市場価値が高いと感じた
  • 他企業と比べて一人当たりの売上高が高く、資格取得率も高い
  • 座談会での先輩社員の雰囲気がよかった

 

多くの方が志望動機にしているキーワードは2つにまとめられます。『1秒も止めてはいけないシステムに関われる』と『給料などの待遇の高さ』が多く見受けられます。

給料が高いと、社員の生産性も高い、そのため自己成長のスピードも早くできるなどと繋げるとポジティブに聞こえます。

ちなみに親会社のSMBC日興証券は、銀行と証券の銀証連携と言った証券業界では独特なことを行っております。このように親会社のことを調べてみるのも企業研究となって良いでしょう。

ヒロ
ヒロ
志望動機に『今までの経験』を含めると説得力が増しますので、意識してみください!
ユーザー系SIerの志望動機を業界別に紹介!銀行・証券・生保・損保・鉄道・商社のまとめユーザー系SIerって結局システムを作る会社でしょ?業界によって何が違うのか分からないと思われるかもしれません。 https://...

私が選考で使用していた日興システムソリューションズ(NKSOL)の志望動機

いつものように志望動機は2つの視点から作成しています。

  • 1秒どころか0コンマ何秒を争うシステムに関われる
  • 自分自身の成長ができる環境が整っている

の2つです。

まず1つ目は証券会社の仕事内容を記載しています。特に証券会社のシステムの特性上、1秒も止めてはいけません。それ以上に0コンマ何秒の世界を争っています。これは証券会社の株取引を調べてみれば分かるでしょう。

次に自分自身の成長です。少数精鋭で研修を受けることができ、お互い競い合える環境であると感じました。実際に一人当たりの売上高が高いことや、資格取得率が高いことから、生産性が高く技術力の高いシステムエンジニアになれると感じました。

証券会社を死亡するのであれば、知識として株取引を含む投資についても知っておいた方が良いです。私は大学生の頃から株への投資を行っていましたので、面接で雑談ベースで話すことができました。

大学生はどんな投資本を読めば良い?まずはお金について初心者向けに10冊を紹介!学生の皆さんは老後2,000万円問題を知っていますか?これは金融庁の「市場ワーキング・グループ」が公表した報告書の内容が世間一般に大きく...

日興システムソリューションズ(NKSOL)の結果&まとめ

内々定をいただきました。実際に入社しようと思っていましたが、ユーザー系の親会社から内々定をいただいたため、辞退しました。

実際に入社する旨を伝えてから辞退してしまったため、怒られるかな。と覚悟していたのですが、自分の意見を尊重してくれて良い人事の方でした。

ユーザー系のSIerを見ているのならば、第一志望にしても良い企業だと思います。ちなみに親会社のSMBC日興証券でもシステム採用から日興システムソリューションズへの出向コースもあります。

smbc_nikkousyoken
【就活実体験】SMBC日興証券(システム採用)の選考日興証券(システム採用)の選考について、就活をした実際のESやGD、面接の内容を書いています。企業の特徴や学歴などもあれば書いていますので、業界研究に役立てていただければと思います。...

同じ仕事をしているのに、親会社からの出向者の方が給料が高く貰える傾向がありますので、このような親会社も視野に入れて置いたほうがよいでしょう。

【現出向者の声】ユーザー系SIer志望者は親会社も選択肢に!働いて感じたメリット・デメリットを紹介私は損害保険会社に入社し、そのままユーザー系SIerに出向しています。入社理由は、親会社(事業会社)から出向コースがあると知っていたから...

私はマーチ理系出身で、就活ではSIerや通信、金融系を見てきました。

個別説明会では83社に参加した経験を元に、座談会・ES・GD・面接など数多く受け、企業の雰囲気、志望動機や学歴等就活で感じたことを公開しています。

その他就活に役立つサービスも触れていますので、就活初心者はぜひ見て下さい。

トップページへ戻る