【ブックマークすると便利】就活まとめ記事
この記事のURLをコピーする
SIer-ユーザー系

【就活実体験】JR東日本情報システムの選考や口コミ・評判を紹介

JR東日本情報システム

JR東日本を支えているのが、このJR東日本情報システム(JEIS)です。

学生
学生
JR東日本情報システムとJRシステムの違いって何?

JRのシステム会社と言えば、JR東日本情報システムも存在し、お互い同じようなことを行っているのではないか。と思っていた日もありました。

今回は、JR東日本情報システム(JEIS)を紹介するにあたり、JRシステムと違う点も説明していきます。

JR東日本情報システム(JEIS)の特徴

事業内容

JRシステムと違って、東日本限定の事業です。特に新幹線総合システム(COSMOS)が一番大きいシステムで代表的なシステムです。

8割がJR東日本の仕事です。これぞユーザー系の会社って感じですね。ほとんど上流工程が担当で、下流工程はほとんどやらないようです。

システム開発の「上流工程」と「下流工程」って何?就活時に良く聞く「上流工程」と「下流工程」って何なのか わかりやすく解説していきます。 そもそもSE(システムエンジニア)ってみ...

鉄道系の仕事のみならず、駅ビルからカード事業、海外へICTで支えています。親会社であるJR東日本の企業研究をすれば上記のことは分かります。つまり、システム会社志望でも、親会社(事業会社)の企業研究もある程度はした方がよいです。

人材育成に力を入れており、5年で1人前のSEに育て上げると人事の方が言っていました。

勤務地や福利厚生

30~40歳でプロジェクトリーダーになるような人材研修があります。

住宅手当7割または寮に12000円で住めるようです。勤務時間は9:20~18:00のフレックス制です。コアタイムは9:20~14:00と出勤時間は決められています。

また、福利厚生ははカフェテリアプラン方式を採用しており、自分で好きなプランを選択できる。基本的に福利厚生はJR東日本に付随しますので、かなりの待遇かと思われます。

【保存版】座談会やOB訪問で聞いておくべき福利厚生質問リスト企業研究しても正直大手の違いが分からない。 特にユーザー系SIerなんて、企業研究したところで、学生から見える範囲は限られています...
<スポンサーリンク>

JR東日本情報システム(JEIS)の口コミや評判

毎日駅に行くので、目にすることが多く、社会の役に立っている実感ができる。
給料水準は同業他社社と比較したら、低くもなく高くもなくという感じ。年功序列制ということもあり、年次を重ねていかないと上がらないし、親会社の業績の影響を受けやすい。
日本のインフラを支えるということから 責任の重さを実感でき、成長にも繋がると感じている。
産休・育休の制度は整っており出産後も働きやすい環境である。

福利厚生については親会社がJR東日本ということもあり抜群、給料はSIer内業界水準、やり甲斐はあり。と言ったところです。

その他、福利厚生や社風、仕事内容などの話は、『実際の社員が書き込んでいる口コミ』を参考にすると良いです。キャリコネならば、60万以上の企業が登録されてて、『転職希望者の信頼度が高い』『20代30代が注目している』『人事担当者が注目している』の3つの部門でNo.1を獲得しています。

▼転職サイトは一番大きな現場の声▼

\もちろん完全無料で利用できます/

JR東日本情報システム(JEIS)の選考対策にOB訪問も

選考対策には、実際に入社した先輩社員の声も参考になります。数々の面接を乗り越えてきましたので、確実に力になるでしょう。特にビズリーチ・キャンパスならば、同じ大学の先輩を探すことができるので、一からOB訪問をしようとしている人にはおすすめです。

▼実はキャリアセンターよりもおすすめ▼

\もちろん完全無料で利用できます/

【メリット・デメリット】OB訪問はビズリーチキャンパスが大学キャリセンよりおすすな理由を紹介就活生の皆さんはOBOG訪問していますか。必ずOBOG訪問する必要はありませんが、しておくて今後の就活が有利に進むことが多いです。 ...
<スポンサーリンク>

JR東日本情報システム(JEIS)の志望動機

大規模なシステムに関われる

同業界の銀行や保険のシステムは毎日使うイメージがない。しかし、鉄道システムに関わることができれば、毎日見かけることができ、支えている実感が湧く。特に日本の輸送システムは分単位、秒単位に計算されており、そのようなシステムに関わりたいと感じている。

自分自身の成長できる環境が整っている

鉄道システムは絶対に止めることのえきない大規模システムであり、そのような開発を通して自分自身が成長できる環境だと感じた。さらに年次別研修も用意されており、ステップアプが明確になっている。

ユーザー系SIerの志望動機を業界別に紹介!銀行・証券・生保・損保・鉄道・商社のまとめユーザー系SIerって結局システムを作る会社でしょ?業界によって何が違うのか分からないと思われるかもしれません。 https://...

JR東日本情報システム(JEIS)就活生の学歴

インターンシップ参加時には、ニッコマから早慶までいましたので、幅広いと思われます。JRシステムと同じイメージ、または少し上でしょうか。必ずしも学歴は必要なさそうです。

JR東日本情報システム(JEIS)の選考フロー

  • 説明会(必須)
  • ES&テスセン
  • 1次(GD&個人面接)
  • 最終(役員)

ES内容

  • 他のSierと比較した上で、JEISの志望動機
  • 自分自身の強み

ESは両方800文字で苦労しました。

JR東日本情報システム(JEIS)選考結果

ESでは800文字とかなり対策したのですが、ES&テストセンター落ちです。

就活で会った人や大学の友人と話したところ、結構ES&テストセンターで落ちている方が多いように見受けられました。特にテストセンターの脚切り点数が高いとも言われていますので、SPI対策などは必須でしょう。

【本当に役立つ10冊厳選】就職活動に役立つおすすめ就活本はこれだ!!就活する際には、ネットの情報だけで足りるのか。YESって答える人もいるし、NOと答える方もいます。 しかし、私の考えではネットの情...

JR東日本情報システムは、親に付随して福利厚生がかなり整っており、ワークライフバランスも取れていることから行きたかった企業でした。個人的にはかなりおすすめの企業です。

jrsys
【就活実体験】JRシステム(鉄道情報システム)の選考や口コミ・評判を紹介JRシステム(鉄道情報システム)の選考について、就活をした実際のESやGD、面接の内容を書いています。企業の特徴や学歴などもあれば書いていますので、業界研究に役立てていただければと思います。...
当サイトのまとめ記事

私はマーチ理系出身で、就活ではSIerや通信、金融系を見てきました。

特に個別説明会83社を代表に、座談会・ES・GD・面接など数多く受け、企業の雰囲気、志望動機や学歴等就活で感じたことを公開しています。その他就活に役立つサービスも触れていますので、就活初心者はぜひ見て下さい。

 

この記事のURLをコピーする