【まとめ】就活でやるべきこと
SIer-ユーザー系

JR東日本システムの選考【就活】

JR東日本情報システム

日本を代表する鉄道事業を支えているのが、このJR東日本システムです。
(以下JEIS)
JRシステムと違う点、選考を伝えていきます。

JEISの特徴

事業内容

JRシステムと違って、東日本限定の事業です。
特に新幹線総合システム(COSMOS)が一番大きいシステムで代表的なシステムです。
8割がJR東日本の仕事です。これぞユーザー系の会社って感じですね。
ほとんど上流工程が担当で、下流工程はほとんどやらないようです。

システム開発の「上流工程」と「下流工程」って何?就活時に良く聞く「上流工程」と「下流工程」って何なのか わかりやすく解説していきます。 そもそもSE(システムエンジニア)ってみ...

鉄道系の仕事のみならず、駅ビルからカード事業、海外へICTで支えている。
親会社であるJR東日本の企業研究をすれば上記のことは分かりますよね。
(つまりシステム会社でも、親の企業研究もある程度はした方がよいです)
人材育成に力を入れており、5年で1人前のSEに育て上げると人事の方が言っていました。

勤務地や福利厚生

30~40歳でプロジェクトリーダーになる?
住宅手当7割または寮に12000円で住める?
勤務時間は9:20~18:00のフレックス制である。
(コアタイムは9:20~14:00)
また、福利厚生ははカフェテリアプラン方式を採用しており、
自分で好きなプランを選択できる。
(どのようなプランがあるのかは不明)

先輩社員の志望理由

・多くの人が関わるシステムに携わりたいため。
・基盤がしっかりしていて、大きなことにチャレンジできそうだったため。
・世の中のことを考えたら電車が一番身近に感じた。
(銀行や保険、証券などもありますが毎日使うわけではありませんよね)

<スポンサーリンク>

JEISの選考フロー

説明会(必須)→ES&テスセン→1次(GD&個人面接)→最終(役員)→内定
ESは両方800文字で苦労しました。

ES内容
・他のSierと比較した上で、JEISの志望動機
・自分自身の強み

JEISの志望動機

大規模なシステムに関われる
→銀行や保険では毎日システムを扱うイメージがない。
一番身近で使っているのは鉄道であり、それ(Suica)に関わりたいと考えた。
幅広い知識が身につく
→Suicaのみならず輸送システムや生活に欠かせないサービスに関われる。

就活生の学歴

特に誰かと話したわけではないので分かりませんが、幅広いと推測しました。
JRシステムと同じイメージ、または少し上でしょうか?
(単純に私がES通らなかったので)

選考結果

ES落ちです。(一番ESに力を入れたのに、くそー)
結構ES&テストセンターで落ちている方が多いように見受けられました。
(みん就情報や先輩社員情報)
親に付随して福利厚生がかなり整っており、
ワークライフバランスも取れていることから行きたかった企業でした。
個人的にはかなりおすすめの企業です。

jrsys
JRシステムの選考【就活】日本を代表する鉄道事業を支えているのが、このJRシステムです。 (鉄道情報システムとの名称ですが、以下JRシステムとさせていただきます...
ABOUT ME
MARCH理系生ヒロ
MARCH理系生ヒロ
MARCH理系生ヒロです。 大学時はMARCH理系に所属し、SIerや通信系を中心に就職活動をしていました。 いくつか内定をいただき、今では保険会社の情報システム部門に関わっています。 就職活動で経験した有益な情報をブログで書いています。