【ブックマークすると便利】就活まとめ記事
SIer-ユーザー系

【就活実体験のまとめ】農中情報システム(NIC)の選考や口コミ・評判を紹介

就活初期時の農中のイメージって農業系のシステムかな。と思っていたのですが、金融機関のシステム開発を行っており、よくあるユーザー系のSIerです。

そんな農中情報システムを紹介していきます。

就活で感じた農中情報システム(NIC)の特徴

事業内容や業務内容

農林中央金庫とJAバンクの金融システム開発を行っております。元請けシステム会社で現在内販100%です。しかし、今後は外販も行うのかどうなるかは分かりません。

7年目頃からプロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーになるとのことです。それまでは小規模なプロジェクトで経験を積みます。特に中心的に上流工程を担当しており、下流工程にはあまり関わりません。つまり、プログラミング・製造・テスト工程はそこまで行いません。

福利厚生や勤務地

住宅手当は一人暮らしであれば3万円の支給、結婚したら5万円に上がるようです。

男女比は、男8:女2の割合、文理比は文系4:理系7の割合です。3年目の離職率は2.3%で、5年目になると6%と少し上がります。かなり低い方ですね。説明会時の人事の説明では、平均残業時間が17時間とのことです。

豊洲では3,500円で食堂で昼食がでてきます。3,500円払うだけで毎日の昼食が出るのは良いですね。

拠点は主に4つで、豊洲と昭島がメインで有楽町や大手町があります。昭島配属を考えると人気が分かれそうです。豊洲のJASTEMシステムが一番大きなシステムのようです。

<スポンサーリンク>

実際に働いている社員からの農中情報システム(NIC)の口コミや評判

様々な転職サイトから口コミや評判を探してみたので一部紹介します。もちろん良い点や悪い点両方あります。もっと口コミを知りたいのであれば、完全無料で利用できるキャリコネがおすすめです。

給与は平均的に問題なく、資格を取得すれば手当も増える。手当が増えることはモチベーションupに繋がるので、資格を取得する社員が多いです。
有給休暇は基本的に自分の都合で好きな時に取得できる。半日休暇もあり、家庭の事情で午前半休とか午後半休が取れるので便利。
入社後1,2年はプログラミングやテスト工程が主担当で、3年目以降はマネジメント業務が中心。4年目以降はITのスペシャリストか、PMとして進むのか、自分の希望するキャリアを進むことができる。

福利厚生などの話は、『実際の社員が書き込んでいる口コミ』を参考にすると良いです。キャリコネならば、60万以上の企業が登録されてて、『転職希望者の信頼度が高い』『20代30代が注目している』『人事担当者が注目している』の3つの部門でNo.1を獲得しています。

▼転職サイトは一番大きな現場の声▼

\もちろん完全無料で利用できます/

農中情報システム(NIC)の選考フロー

農中情報システム(NIC)にエントリーするには説明会に参加する必要があります。その後はよくあるオーソドックスな流れです。

  1. 説明会参加
  2. ES&テストセンター
  3. グループディスカッション
  4. 1次面接
  5. 2次面接
  6. 最終面接

説明会自体は東京駅付近の貸ビルで行われました。

ESの内容は、下記のとおりです。

  • 自分自身の適性を踏まえての志望動機
  • 学生時代の専攻内容を踏まえての自己紹介
  • 学生時代に達成感を感じたことの体験

概ね志望動機、自己紹介、学生時代頑張ったことと言った頻出ESですので、簡単に作成できるかと思われます。

実際の選考でもあるグループディスカッションは、ゲーム方式のグループワークを行いました。人数も5人ほどと多すぎず、少なすぎずと言った感じです。

<スポンサーリンク>

農中情報システム(NIC)の就活生はどのぐらいの学歴か?

グループディスカッション時しか話していないが、マーチ、ニッコマなど幅広い学歴でした。東京理科大もいましたが、理系ではなく経営学部でした。ばらつきがありそうな感じでした。

過去の採用大学を見る限り、幅広く採用しています。しかし農中情報システムのSPI足切りラインは高く設定されています。SPIの対策をしなくては、面接まで辿り着けませんのでご注意ください。

他の就活生が使用していた農中情報システム(NIC)の志望動機を紹介

箇条書きで農中情報システム(NIC)の志望動機を紹介していきます。志望理由に正解はありませんので、自分の言葉で伝えられるようにしましょう。

  • 農林中央金庫という、第1次産業を支える使命を持つ銀行のためのシステムを作ることは社会貢献に繋がるため
  • 金融系で第一次産業に寄与している公益性の高さが就活の軸と一致したため
  • 農林中央金庫とJAバンクという安定感のあるシステムを作っているため
  • JAバンクのシステム面から日本の様々な地域に貢献できると考えたため
  • 農林中央金庫を支えることは地域創生に貢献できると考えたため
  • 社会的責任も大きく、やりがいのあるシステムだと感じたため
  • 一緒に働きたいと思える良い社員が多かったため
  • 説明会や面接での社員の雰囲気に惹かれたため
  • 社員が大事にされている環境と感じ、SEとして成長できるような教育制度があると感じたため
  • 上流工程やプロジェクトマネジメント(PM)の仕事がメインだったため

多くの方が志望動機にしているキーワードは2つです。『農林中央金庫とJAバンクと言った大規模なシステムに関われる』と『人の雰囲気』です。なぜ大規模なシステムに関わりたいのか、人の雰囲気を感じるために就活では何を心がけているか。の2つを説明できると良いです。

SIerを見ていると『人の雰囲気』に逃げがちですが、じゃあ就活でどのように人の雰囲気を見てきたかを説明できるようにしましょう。私は誰にも負けないぐらい自分の足で会社の社員に会ってきたことをアピールしました。
ヒロ
ヒロ
志望動機に『今までの経験』を含めると説得力が増しますので、意識してみください!

私が選考で使用していた農中情報システム(NIC)志望動機

実際に私が志望動機として使用していたのは、以下の通りです。

  • 農林中央金庫とJAバンクと言った責任感ある大規模なシステムに関われること
  • 教育制度が充実充実していること

会社説明会では教育制度も充実していると感じられました。また、金融機関のシステム会社であり、1秒も止めてはいけない責任感があります。特に農林中央金庫やJAバンクといった第一次産業に携わることは地方創生にも貢献できます。

ヒロ
ヒロ
例えばこのように説明したのであれば、なぜ地方創生に貢献したいのかも説明できるとgoodです

これらより、制度の充実や大規模システムを開発することで、金融×ITのスペシャリストになれると感じました。

農中情報システム(NIC)の選考対策にOB訪問も

選考対策には、実際に入社した先輩社員の声も参考になります。数々の面接を乗り越えてきましたので、確実に力になるでしょう。特にビズリーチ・キャンパスならば、同じ大学の先輩を探すことができるので、一からOB訪問をしようとしている人にはおすすめです。

▼実はキャリアセンターよりもおすすめ▼

\もちろん完全無料で利用できます/

【メリット・デメリット】OB訪問はビズリーチキャンパスが大学キャリセンよりおすすな理由を紹介就活生の皆さんはOBOG訪問していますか。必ずOBOG訪問する必要はありませんが、しておくて今後の就活が有利に進むことが多いです。 ...

農中情報システム(NIC)の選考結果

グループディスカッションでお祈りされました。グループの中では一番良かったと思ってたので、なぜ落ちたのか理解できませんでした。少し出しゃばり過ぎたのかもしれません。

どこを評価されているのかわからないため、気をつけたほうがいいです。福利厚生の充実や、まったり感がすごかったので行きたかった企業でした。

全ての企業
私が就活で選考を受けた企業一覧こちらでは、私が就活した企業を一覧で載せています。説明会に参加しただけ、ES通過しただけ等の企業もありますが、ご参考にしてください。 ...
当サイトのまとめ記事

私はマーチ理系出身で、就活ではSIerや通信、金融系を見てきました。

特に個別説明会83社を代表に、座談会・ES・GD・面接など数多く受け、企業の雰囲気、志望動機や学歴等就活で感じたことを公開しています。その他就活に役立つサービスも触れていますので、就活初心者はぜひ見て下さい。