【まとめ】就活でやるべきこと
SIer-ユーザー系

農中情報システムの選考【就活】

農中情報システム

就活初期時の農中のイメージって農業系のシステムかな。と思っていたのですが、
金融機関のシステム開発を行っており、よくあるユーザー系のSIerです。
そんな農中情報システムの秘密を見ていきましょう。

農中情報システムの特徴

事業内容

農林中央金庫とJAバンクの金融システム開発を行っております。
元請けシステム会社で、現在内販100%であり、
今後は外販も行っていくのか、どうなるかは分かりません。
7年目頃からプロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーになるとのことです。
それまでは小規模なプロジェクトで経験を積みます。
特に中心的に上流工程を担当しており、下流工程にはあまり関わりません。

福利厚生や勤務地

住宅手当は一人暮らしならば3万円の支給、結婚したら5万円に上がるようです。
男女比は、男8:女2の割合、
文理比は文系4:理系7の割合です。

3年目の離職率は2.3%で、5年目になると6%と少し上がります。
かなり低い方ですね。
説明会時の人事の説明では、平均残業時間が17時間とのことです。

豊洲では3,500円で食堂で昼食がでてきます。
3,500円払うだけで毎日の昼食が出るのは良いですね。

拠点は主に4つで、豊洲と昭島がメインで有楽町や大手町があります。
昭島配属を考えると人気が分かれそうです。
豊洲のJASTEMシステムが一番のシステムのようです。

<スポンサーリンク>

農中情報システムの選考

ES&テストセンター→グループディスカッション→1次→2次→最終
グループディスカッションというよりは、ゲーム方式のグループワークのように感じました。
説明会は東京駅付近の貸ビルで行われました。
ESの内容は、
・自分自身の適性を踏まえての志望動機
・学生時代の専攻内容を踏まえての自己紹介
・学生時代に達成感を感じたことの体験

就活生の学歴

グループディスカッション時しか話していないが、マーチ、ニッコマなど幅広い学歴でした。東京理科大もいましたが、理系ではありませんでした。
ばらつきがありそうな感じでした。

農中情報システムの志望動機

仕事内容
私は専門的なことを身に着けたい。金融のシステム会社であり、金融のスペシャリストになれると考えている。

教育制度の充実
OJTの期間が長く、教育制度の充実が感じられた。まだまだプログラミングの知識がないので、そのような制度に安心感を感じている。

選考結果

グループディスカッションでお祈りされました。
グループの中では一番良かったと思ってたので、なぜ落ちたのか理解できませんでした。
どこを評価されているのかわからないため、気をつけたほうがいいです。
福利厚生の充実や、まったり感がすごかったので行きたかった企業でした。

全ての企業
私が就活で選考を受けた企業一覧こちらでは、私が就活した企業を一覧で載せています。説明会に参加しただけ、ES通過しただけ等の企業もありますが、ご参考にしてください。 ...
ABOUT ME
MARCH理系生ヒロ
MARCH理系生ヒロ
MARCH理系生ヒロです。 大学時はMARCH理系に所属し、SIerや通信系を中心に就職活動をしていました。 いくつか内定をいただき、今では保険会社の情報システム部門に関わっています。 就職活動で経験した有益な情報をブログで書いています。