【ブックマークすると便利】就活まとめ記事
就活サービス

無料で利用できる就職エージェントって怪しい?絶対に登録した方が効率よく就活進められます

キャリアチケットを始めとする就職エージェントはなんで無料で使えるの?と思ったことあるでしょう。

そのような方々は無償のボランティアなのか。いいえ、違います。このような就職エージェントは完全なるビジネスです。

今回はなぜ無料で就職エージェントを利用することができるのか、それでも利用したほうがよい理由を紹介していきます。

そもそも就職エージェントとは何か?

一言で言うと、学生の就職活動を無料でサポートする人です。

もう少し具体的に言うと、就活のプロが学生の就職活動を一から内定までサポートしてくれるサービスです。

  • 就活に関する全般の不安を解消
  • 自己分析のやりかたを指導
  • 履歴書やES(エントリーシート)の添削
  • GD(グループディスカッション)のコツ伝授
  • 面接ノウハウの指導
  • 大きな就活サイトにはない企業の紹介(非公開求人)
    など・・・

このように、本当に一から手助けしてくれますので、右も左も分からない学生は効率よく就活を進めることができます。むしろ、登録していないと損するレベルです。

▼何をして良いのか分からない方向け。就活のプロに相談できる▼

\もちろん相談も完全無料で利用/

あまり大学生はあまり知らないかもしれませんが、転職時は必須級のサービスとなっています。そんな中で新卒採用の大学生でも登録できるサイトは増えており、今後のスタンダードとなる可能性もあります。

<スポンサーリンク>

就職エージェントと就活サイトの違いは何?

就職エージェントと就職サイトの大きな違いは、『人が仲介するか』です。

いわゆるリクナビ・マイナビといった就活サイトは自分から情報を取りに行き、自分から説明会や面接を申し込まなくてはいけません。そこにリクナビの社員が学生一人ひとりに手厚いサポートはありません。その分、情報量も豊富であることが売りです。

それに対して、キャリアチケットをはじめとする就職エージェントは、自分で情報を取りにくのは同じかも知れませんが、担当者が付くため、一人ひとりに応じた手厚いサポートが受けられます。

就職エージェントでは前述の通り、以下のようなサポートが受けられます。

  • 就活に関する全般の不安を解消
  • 自己分析のやりかたを指導
  • 履歴書やES(エントリーシート)の添削
  • GD(グループディスカッション)のコツ伝授
  • 面接ノウハウの指導
  • 大きな就活サイトにはない企業の紹介(非公開求人)
    など・・・

通常企業の面接やGD(グループディスカッション)では、企業からのフィードバックはありません。そのため、就活のプロからアドバイスが貰えることは、内定への近道とも言えます。

無料で貰えるものは貰っておく精神が就活の成功への秘訣とも言えます。

▼就活のプロを利用することが就活成功の近道▼

\もちろん相談も完全無料で利用/

ここまでをまとめると、以下のようになります。

【就活サイトの特徴】

担当者による一人ひとりのサポートはないが、就活に関する情報はたくさんある。主体的に自分から情報を受信する必要がある。

【就職エージェントの特徴】

就活サイトのようなたくさんの情報はないが、担当者による一人ひとりの手厚いサポートが受けられる。特に不安なESや面接、GDなどのコツを直接アドバイス受けられる。

ヒロ
ヒロ
就職エージェントと就活サイトはどちらも一長一短です。両方使用して短所を補い合いましょう。

ちなみにリクナビやマイナビに載っていない非公開求人は、なぜ就職エージェントで扱っていると思いますか。

リクナビやマイナビと言った大規模な就活サイトに求人を載せるためには、数十万円以上とも言われています。オプションを付けるとさらにプラスなど、どの程度掛かるのか把握ができません。

大企業ではない優良中小企業では、この掲載料金も支払うのが勿体無いと考えます。そのため、リクナビ・マイナビには載らないような求人は、就職エージェントが取り扱っていることもあるのです。

なぜ学生は就職エージェントを無料で利用できるのか理由はある?

就職エージェントには例えば、キャリアチケットがあります。もちろん学生は、このキャリアチケットを無料で利用することができます。

『学生のために無料で働きます!』という就職エージェントは無に等しいでしょう。就職エージェントも営利企業ですので、何かしらでお金を稼がなくてはいけません。

それでは学生からお金を貰っていない就職エージェントは、どのような仕組みで売上を上げているのでしょうか。その前に、就職エージェントを使用した際の動きは以下のとおりです。

  1. 学生が就職エージェントサイトに登録する。
  2. 学生とエージェントで面接を行う。
  3. 学生の要望や能力と、企業の求める人材像に照らし合わせる。ここでマッチしそうな企業を紹介する。
  4. 学生と企業で面接を行う。その途中でもエージェントが適宜サポートします。
  5. 学生に内定が出る。
  6. 学生は企業に入社意思を伝え、雇用契約を結ぶ。

学生が雇用契約を結んで初めて『企業から就職エージェント』に紹介手数料が発生します。

内定が出た段階では、決して紹介手数料が発生しません。また、紹介手数料はおおよそ3割ほどと言われています。つまり初任給が300万円と仮定すると、1人紹介するだけで100万円もの紹介手数料が手に入ります。

▼何をして良いのか分からない方向け。就活のプロに相談できる▼

\もちろん相談も完全無料で利用/

<スポンサーリンク>

就職エージェントに手数料が入るなら、適当な企業紹介されるのでは?

学生
学生
紹介手数料目当てで、適当な企業紹介させられてるんじゃないの?

そう思う方も多いと思います。それは就職エージェントからしたら一人でも多くの学生を、企業に送り込みたいでしょう。そのため、適当な企業を紹介していると思われがちです。

しかし、ここで肝心なのは、雇用契約を結んで初めて紹介手数料が入ることです。

そもそも、学生の志望外の業界から話を持ってきたらどう思いますか?例えばIT企業を志望しているのに、不動産企業を紹介されたら学生はどう思いますか?

  • このエージェントは信用できない
  • 志望していない企業は受けたくない

って思いますよね。

そこらへんの適当な企業を紹介しても、学生が入社しなければ、就職エージェントは1円も手に入らないので、何も意味がありません。

ヒロ
ヒロ
そのため、就職エージェントは『学生が求めているレベルの企業』を紹介しますよ。

紹介手数料目当てで適当な企業を紹介してくることはありませんので、安心してください。もし、この就職エージェントは信用ならないと思ったら、すぐにエージェントの変更やサイトの変更をした方が良いでしょう。

ヒロ
ヒロ
学生側にも選ぶ権利はあります。適当な企業を紹介させられそうになったらエージェントの変更をしましょう。

【まとめ】結果的に学生は就職エージェントに登録した方が効率よく就活を進められる!

今まで紹介してきたようなことから、就職エージェントは確実に学生の力になってくれます。

就職エージェントに紹介手数料が入るの嫌だなと思っている方は損しています。3者win-win-winの関係です。

  1. 学生:入社したいと思える会社を見つけられる
  2. 就職エージェント:紹介手数料が手に入る
  3. 会社:求める人材像にマッチする人材を見つけられる

もし、このエージェントは嫌だなと思ったら、担当者変更や使用する就職エージェント(サイト)を変更しましょう。今の日本にはたくさんの就職エージェントがいますので、1人・一つに拘る必要はありません。

就職エージェントに利用されていると思わず、むしろこっちから就職エージェントを使ってあげましょう。

▼何をして良いのか分からない方向け。就活のプロに相談できる▼

\もちろん相談も完全無料で利用/

就職エージェントのみならず、就活では無料で利用できる様々なサービスがあります。ここで紹介しているサイトは無料で安全に使えますので、どれもおすすめです。

就活生なのにまだ登録してないの?必ず役立つおすすめ完全無料サイト5選みなさん説明会の申し込みやESを提出しているサイトはどこを使っていますか?普通はリクナビやマイナビですよね。今回はリクナビ・マイナビには...
当サイトのまとめ記事

私はマーチ理系出身で、就活ではSIerや通信、金融系を見てきました。

特に個別説明会83社を代表に、座談会・ES・GD・面接など数多く受け、企業の雰囲気、志望動機や学歴等就活で感じたことを公開しています。その他就活に役立つサービスも触れていますので、就活初心者はぜひ見て下さい。