【まとめ】就活でやるべきこと
通信系

NTTコムウェアの選考【就活】

NTTコムウェア

SIerというよりは通信系の意味合いが強いNTTコムウェアですが、
選考に進んでいたため紹介します。
NTTコミュニケーションやNTTデータと何が違うの?と就活初期に思っていましたので、
少しでも違いを伝えられればと思います。

NTTコムウェアの特徴

事業内容や特徴

NTT向けの内販を8割、外販を2割の比率で活動しています。
NTTデータは外販を行っており、NTTコムウェアは内販という区別で良いと思います。
強みはNTTグループを支えてきた基盤があること。
今までNTT東日本や西日本、コミュニケーションなどの基盤部分を担当しており、
VoLTEを開発してきた。
NTTの中でもソフトウェアを開発する会社であり、通信事業に特化しているSIerです。
ネットワーク設備自体は東日本や西日本、ドコモも所有していますが、
それを支えているのがコムウェアです。

勤務地や福利厚生

その他はNECの福利厚生に付随しているようです。

<スポンサーリンク>

NTTコムウェアの選考フロー

ES&テストセンター→リク面→グループディスカッション→面接→内定

ESを通過するとリクルーターが付きます。
リクルーターと言っても同じ大学出身者ではありませんし、その人は何人も抱えているようでした。。

今日のことは選考に関係ないからざっくばらんに聞いてと言っていても、
最後のお別れの時に、今日の結果は◯日以内に返事します。
と言ってくるので、リク面は気を抜かず真面目な話をしましょう。

ES

①NTTコムウェアに関心を持った理由
日本最大の通信事業であるNTTグループを、システム面からアプローチし、日本の発展を支えたいと感じたからです。

②自分自身のセールスポイントは何か、それをどのように発揮するのか
私は顧客の問題解決ができます。それはスポーツジムでの指導経験があるからです。お客様各々問題点があるからスポーツジムに通われています。その問題点をどのように引き出すのか工夫しました。特に聞くことに力を入れて問題点を引き出しました。このような引き出す力を会社に入ってからも意識して、顧客の問題点を見つけて解決できるように提案して行きたいです。

リクルーター面談

品川付近のカフェで30分ほどで行いました。
(カフェ代はリクルーターおごりです)
リクルーターからの質問はありませんので、常にこちらから質問しなくてはいけません。
リクルーターからの接触を断ると、そこで選考は終わりだと考えています。
必ず予定を調整して参加しましょう。
なんで入社したのか、今やっている仕事は何か、仕事をしていて面白い時は何か、
など聞いていれば良いと思います。
また、そこでNTTの中での立ち位置やデータやコミュニケーションとの違いも聞けると理解が深まりますね。
ちなみにやりたいことを答えたら、それはコミュニケーションよりだね。と気まずい雰囲気になりました。

グループディスカッション

一般的なグループディスカッションでした。
確か、あるお店の業績を回復させるにはどのような手段が好ましいか。
いくつかの手段の中から1つ選べ。というテーマについて学生同士で議論しました。

可もなく不可もなく終わったのですが、最後に1つ落とし穴がありました。
選考官からディスカッション終わりに、
◯◯さんはこの時こういうことを言いましたが、どのような思いでしたか?
◯◯さんは、このような発言をしましたが、なぜこのような思想になったのですか?
と一人一人に、その時の発言の裏付けをされました。
私の番が回ってきて、うまく答えられませんでした。

就活生の学歴

まったく話していないので分かりませんが、
MARCHは最下層だと思われます。

NTTコムウェアの志望動機

①システムエンジニアとして上流工程から下流工程まで関われる
②日本最大のNTTグループを支えられること

結果

想像通りにグループディスカッション落ちでした。
これは手応えがなかったので、仕方がないと思っています。
グループディスカッションはここが一番難しかったです。完敗です。

安定志向である会社のように思われ、そういう方にはおすすめです。

ABOUT ME
MARCH理系生ヒロ
MARCH理系生ヒロ
MARCH理系生ヒロです。 大学時はMARCH理系に所属し、SIerや通信系を中心に就職活動をしていました。 いくつか内定をいただき、今では保険会社の情報システム部門に関わっています。 就職活動で経験した有益な情報をブログで書いています。