【ブックマークすると便利】就活まとめ記事
この記事のURLをコピーする
通信系

【就活実体験】NTT東日本の選考や口コミ・評判を紹介

ntt_east

今回はSIerから離れて、通信系でもあるNTT東日本の特徴や選考を紹介します。マーチ理系であれば、リクルーターが付くこともあります。そのため、できればリクルータールートに乗りたいですね。

NTT東日本の特徴

事業内容

主に東日本の通信インフラを手掛けています。西日本のエリアはその名の通りNTT西日本が担当しています。国や自治体などのBtoGと企業相手のBtoCが主な取引先です。

業務内容

11の領域において活躍することができます。

  • コンサルティング営業:企業や公共機関のお客さまが抱えるさまざまな経営課題やニーズに対し、ビジネス変革のパートナーとして、最適なソリューションを提案します。
  • システムエンジニア:コンサルティング営業と連携し、ICT の知識をフル活用しながら、サービス・システムの導入に向けた技術サポート・プロジェクトマネジメントを行います。
  • アカウント営業:NTT 東日本のサービスをお客さまに販売いただく販売パートナー(代理店等)に対し、販売拡大に向けた効果的な販売方法やプロモーション施策を提案します。
  • テレアドバイザー:NTT 東日本の総合窓口であるコンタクトセンターにおいて、お客さまのニーズをいち早くキャッチし、最適なサービス・ソリューションを提案します。
  • マーケティング:市場分析を通じての販売ターゲットの見極め、販売戦略の策定、プロモーション施策の企画を一手に担い、各分野における収益の拡大を目指します。
  • 協業ビジネス推進:国内外を問わず、あらゆる業界にアプローチして協業パートナーを開拓。NTT 東日本・協業パートナー双方の強みを融合し、新たなビジネスを立ち上げます。
  • サービス開発:自社の技術にとどまらず、世界中のあらゆる技術を集結させ、ひとびとの働き方や生き方に革新をもたらす新たなサービスの企画・開発を行います。
  • 研究開発:NTT 研究所や国内外の大学、メーカーなどで開発された最先端技術をリサーチ。次世代コミュニケーションの企画から開発、検証までを担います。
  • ネットワークプランニング:サービスの需要予測のみならず、社会全体の将来像を睨み、通信ネットワークの設備投資戦略を策定。グランドデザインの検討から設計、構築までを担います。
  • サービスマネジメント:通信ネットワークを24時間365日体制で監視。トラブル対応やトラブルを未然に防ぐ日々の保守・運用により通信サービスの「安心・安全・信頼」を守ります。
  • コーポレートスタッフ:経営企画・財務・法務など。NTT 東日本グループ全体の舵取り役として、社内だけでなく関連省庁や他社、グループ会社とも連携し、事業運営を支えます。

引用:NTT東日本公式HP

通信系のSEだと、プログラミングをガリガリするわけではありません。プログラミングをしたい方は向いていないでしょう。

勤務地や福利厚生

さすがNTTというほどの福利厚生は整っております。カフェテリアプラン制度で自分にあった福利厚生を選択することができます。

勤務地は東日本全体であり、最初は2,3年で異動するようです。幅広いエリアを担当しますので、転勤族を覚悟した方がよいです。この特徴はリクルーター面談や説明会で聞いて下さい。

<スポンサーリンク>

NTT東日本の口コミや評判

通信は人々の生活を支えるインフラ企業であるため、社会貢献性が高い。実際にインターネットに繋がる環境が「当たり前」となっている今ではやりがいを感じる。
社内外研修が充実しており、自分のやりたいことや伸ばしたいこと合わせた研修を受けることができる。
豊富な研修があるからこそ、無意味な研修が必須受講なこともある。
残業管理がしっかりしていて、PCのログオンログオフと動し、残業代は10分単位できっちり出ます。

その他、福利厚生や社風、仕事内容などの話は、『実際の社員が書き込んでいる口コミ』を参考にすると良いです。キャリコネならば、60万以上の企業が登録されてて、『転職希望者の信頼度が高い』『20代30代が注目している』『人事担当者が注目している』の3つの部門でNo.1を獲得しています。

▼転職サイトは一番大きな現場の声▼

\もちろん完全無料で利用できます/

NTT東日本の選考対策にOB訪問も

選考対策には、実際に入社した先輩社員の声も参考になります。数々の面接を乗り越えてきましたので、確実に力になるでしょう。特にビズリーチ・キャンパスならば、同じ大学の先輩を探すことができるので、一からOB訪問をしようとしている人にはおすすめです。

▼実はキャリアセンターよりもおすすめ▼

\もちろん完全無料で利用できます/

【メリット・デメリット】OB訪問はビズリーチキャンパスが大学キャリセンよりおすすな理由を紹介就活生の皆さんはOBOG訪問していますか。必ずOBOG訪問する必要はありませんが、しておくて今後の就活が有利に進むことが多いです。 ...
<スポンサーリンク>

NTT東日本の就活生の学歴

リクルーターとお話したら、MARCHがボリューム層のようです。

マーチが多く、早慶レベルももちろんいます。ニッコマでも少ないながらちゃんといるようなので、十分チャンスはあると思います。

NTT東日本の選考フロー

学内説明会→リクルーター面談→ES&テストセンター→グループディスカッション→最終

リク面を除けば面接は最終面接の一回だけで、あっけにとられました。

リクルーター面談

元々学内説明会に参加したところ、連絡がありましたので、NTT東日本のリクルータールートに乗るには学内説明会への参加が必須かと思われます。

NTT東日本の公式セミナーの終了後に「カフェで就活の話どうですか」と、事前にリクルーター面談のお誘いがありました。

学生3人に対して、リクルーター2人で会いました。その中でも席的に学生2人と1人に分かれて面接をしました。

簡単に

  • どのような就活を行っているのか
  • 就活に対しての思っていること
  • NTT東日本について何か質問はあるか

等を聞かれ、自己PRや学生時代頑張ったことのように面接っぽいことは聞かれませんでした。

基本的に逆質問タイムで様々なことを聞くことができましたので、転勤の頻度や平均年収の推移なども聞きました。相手はメモをとっていたため、無礼なこと、失礼なことは聞かないほうが良さそうです。

それ以降にも、NTT東日本の施設の見学会がありましたが、私は他の就活があったため、参加しませんでした。施設見学は特に関係ないのでは?と思われますが、就活の志望動機に役立つこともあるので、日程が調整できれば参加することをおすすめします。

ESの内容

①困難をどう乗り越えたか

大学時代のサッカーで怪我をしてしまったことです。自分自身怪我をしてしまったことはとても悔しかったですが、その時に自分にできることを考え行動しました。
1つ目は雑用を積極的に行いました。みんなが良い環境で練習できるようにとグランド整備や水の補給など下級生にやらせず自分から率先して行いました。
2つ目は怪我をしながらでも、できるトレーニングを考えコーチに相談しながら実践しました。復帰後には怪我を取り戻すように誰よりも残って練習しました。
結果的には最後は試合に出ることができませんでしたが、このようなプロセスがあったからこそ人間的に成長できたと感じています。

②NTT東日本で成し遂げたいこと

新しい価値の創造です。最近はITの発達とともに様々な当たり前ができています。電話やネットに当たり前に繋がる今の時代です。そのような当たり前を作っていきたいです。
例えば2020年東京オリンピックに向けたwi-fiの整備です。通信面から海外からの来客者に日本って良い国だったと思わせたいです。

グループディスカッション

初台のビルで6人1グループぐらいでグループディスカッションをしました。席が決まっていないため早めに行ったほうが良い席に座れます。

選考が始める前にアイスブレイクをしましたが、学生の学歴はやはりマーチが多く、中には地方の国立大の方もいました。残念ながら私たちのグループにはニッコマはいませんでした。

お題は覚えていませんが、難しいわけではなく普通に議論できました。

最終面接

学生1人に面接官2人です。事前はグループディスカッションの通過、次の選考の案内でしたので、最終面接って言われている訳ではありませんでした。

そのため、最初に面接官が「最終面接です。びっくりしましたか?」と聞いてきましたが、ネットで聞いていたため心構えはしていました。

主な質問内容は、

  • 自己紹介・自己PR
  • 学生時代に頑張ったことは何か
    →困難だったこと、それをどう乗り越えたか
  • 自分のキャラクターはどんな人
  • 志望動機は何
  • 希望する職種、入社後にやりたい仕事
  • 全国転勤は大丈夫か、勤務地に希望はあるか
  • 最後にアピールしておきたいことはあるか

最終といえども、基本的なことを聞かれました。時には鋭い質問も飛んできてうまく答えることができず、大丈夫かな。という不安もありました。

最終面接では部長レベルの方が出てくるので、当たり前ですが論理的に話すことが求められます。日頃からしっかり論理的に話す練習をしておいたほうがよいです。

NTT東日本の志望動機

元々IT系志望でしたが、通信あってのITだと考えるようになりました。そのような通信インフラを支えるほうが、縁の下の力持ちである性格の私にあっていると感じました。

その中でも貴社は圧倒的に安定しています。安定稼働はとても難しいことであると伺い、その難しいことにチャレンジしたいです。またリクルーターの方が親身になって寄り添ってくれ、このような方々と一緒に働きたいと思いました。

NTT東日本の選考結果

最終面接通過後に辞退しました。安定企業であるものの、やはり東日本への全国転勤の多さが気になり辞退しました。

リクルーターの方など親身になってくれて、とてもよい企業でしたので、おすすめである企業の一つです。

当サイトのまとめ記事

私はマーチ理系出身で、就活ではSIerや通信、金融系を見てきました。

特に個別説明会83社を代表に、座談会・ES・GD・面接など数多く受け、企業の雰囲気、志望動機や学歴等就活で感じたことを公開しています。その他就活に役立つサービスも触れていますので、就活初心者はぜひ見て下さい。

 

この記事のURLをコピーする