【ブックマークすると便利】就活まとめ記事
この記事のURLをコピーする
企業全般

【現役SEが解説】SIerとSEの違いは何か?

seとsier

就活するまではSIerなんて知らなかったけど、SIerに興味が出てくる方も多いかと思います。

そこで、SIer(エスアイアー)とSE(システムエンジニア)って何が違うの?と思う方いますよね。

今回は現役SEでもある私が、SIerとSEの違いをできるだけ詳しく解説していきます。

この記事はこんな方におすすめ
  1. SIerって何?
  2. SEって何?
  3. それぞれどんな特徴があるの?

SIerとSEっての違いは?

SIerって何?

ウィキペディアより引用します。

システムインテグレーター(英: Systems Integrator)は、個別のサブシステムを集めて1つにまとめ上げ、それぞれの機能が正しく働くように完成させるシステムインテグレーション事業を行なう企業のことである。

つまりSIerとは、システム開発を行う『企業』のことです。

日本には、メーカーや商社、銀行、不動産と様々な業界があります。SIerもそのような業界の一つです。

メーカーの中でも、自動車メーカーや食品メーカーがあるように、SIerも数種類に分類することができます。分け方の紹介は後述します。

SEって何?

こちらもウィキペディアより引用します。

システムエンジニアは、大雑把に情報システム関連の業務に従事する者を指す用語である。

つまりシステムエンジニアとは、システム開発を行う『人』のことを指しています。

こちらも今の世の中には、営業や事務、人事、経理、看護師、医者と様々な職種があります。SE(システムエンジニア)もそのような職種の一種です。

つまり、これらをまとめると、以下のとおりになります。

  1. SIerはシステム開発を行う『会社』
  2. SEはシステム開発を行う『人』
<スポンサーリンク>

SIerの種類は?

システム開発を行っている会社のことをSIerということは分かりましたが、実際にSIerにはどんな会社があるのでしょうか。

今の日本では大きく通りに分けることができます。

  1. ユーザー系
  2. メーカー系
  3. 独立系

ユーザー系、メーカー系、独立系を一つ一つ紹介します。

【現役SEが解説】SIerのユーザー系・メーカー系・独立系の違いは?現役ユーザー系SIerのSEが解説します。実際に働いてみて感じた、ユーザー系・メーカー系・独立系のメリット・デメリットを比較してみました。それぞれの長所や短所はありますので、自分自身どこの系統があっているのか、就活を通して感じて志望してください。...

SIerのユーザー系とは?

ユーザー系とは、企業の社内情報システム部門が大きくなりすぎたので、独立させたような会社です。

ユーザー系は金融系や商社系に多いです。ほとんどの大企業であれば、ユーザー系子会社を持っています。

ユーザー系SIerとは例えば…
  1. 銀行:三菱UFJ銀行→三菱UFJインフォメーションテクノロジー
  2. 損保:東京海上日動火災保険→東京海上日動システムズ
  3. 証券:日興証券→日興システムソリューションズ

私が実際に選考を受けたユーザー系の会社は以下の通りです。選考情報を載せているので、参考にしてください。

SIerのメーカー系とは?

メーカー系SIerとは、元々サーバーやPCのハードウェアメーカーの、一部門が独立したような会社です。メーカー系とは、NECや日立、富士通などが当てはまり、NTTデータもこの分類に入ります。

メーカー系SIerとは例えば…
  1. NEC系→NECソリューションイノベーター
  2. 日立系→日立ソリューションズ
  3. 富士通系→富士通エフサス
  4. NTTデータ系→NTTデータウェーブ

こちらは私が実際に選考を受けたメーカーや系の会社です。同様に選考情報を載せているので、参考にしてください。

SIerの独立系とは?

独立系とは、特定の親会社を持たずに経営が成り立っているSIerです。

ユーザー系やメーカー系は親会社のしがらみもありますが、独立系は親会社を持たないので、自由にできる傾向があります。

独立系SIerとは例えば…
  1. TIS
  2. 富士ソフト
  3. 大塚商会

独立系はあまり選考を受けませんでしたが、一覧にしています。数少ないですが、参考になればと思います。

SEの種類は?

SEにもたくさんの種類があります。

SEって『とにかくプログラミングするんでしょ?』と思っている方いませんか?

確かプログラミングをしている方もいますが、実はまったくプログラミングをしないSEもいます。

会社によってSEの呼び名が異なる可能性はあるものの、おおよそ次の通りに分類できます。

  • アプリケーションエンジニア
  • ネットワークエンジニア
  • データベースエンジニア
  • サーバーエンジニア
  • セキュリティエンジニア 等

様々なSEがいるように、求められていることも異なります。

<スポンサーリンク>

最後に

この記事のまとめ
  1. SIerは企業を指している
  2. SEは人を指している

この記事では、SIerとSEの違いが理解できれば良いかと思います。より詳細な『SIerとは』は下記リンクに乗せておりますので、是非一読してみてください。

【現役SEが解説】SIerのユーザー系・メーカー系・独立系の違いは?現役ユーザー系SIerのSEが解説します。実際に働いてみて感じた、ユーザー系・メーカー系・独立系のメリット・デメリットを比較してみました。それぞれの長所や短所はありますので、自分自身どこの系統があっているのか、就活を通して感じて志望してください。...
当サイトのまとめ記事

私はマーチ理系出身で、就活ではSIerや通信、金融系を見てきました。

特に個別説明会83社を代表に、座談会・ES・GD・面接など数多く受け、企業の雰囲気、志望動機や学歴等就活で感じたことを公開しています。その他就活に役立つサービスも触れていますので、就活初心者はぜひ見て下さい。

 

この記事のURLをコピーする