【ブックマークすると便利】就活まとめ記事
システム開発

【現役ユーザー系SEが説明】客先常駐のメリットは?デメリットだけではない?

今回はよく質問で来る客先常駐のメリット・デメリットを解説していきます。

SIer業界に入社すると分かりますが、同じフロアで働いているが実際は別会社の方が多いです。親会社からの出向者、元々のシステム会社のプロパー社員、ベンダーの客先常駐社員と様々です。

特に私は親会社からの出向社員として、現在システム会社にいますので、現役SEとしての視点から説明していきます。

そもそも客先常駐とは?

客先常駐とは、システムエンジニアを派遣してその会社に常駐してシステム開発を行うことです。

例えば、独立系A会社から派遣のような形で、金融系システム会社に常駐しているようなイメージです。

客先常駐とはシステム会社の契約形態としては基本的に『派遣』『請負』『準委任』と大きく3種類になります。客先常駐の場合は、会社にもよりますが、『派遣』や『準委任』がほとんどではないでしょうか。

この『派遣』『請負』『準委任』の3種類は指揮命令や納品義務等変わってきて、偽装請負に気をつけなければなりません。

<スポンサーリンク>

どんな会社の社員が客先常駐となるの?

SIerにはユーザー系、メーカー系、独立系と大きく3種類に分けることができます。

【現役SEが解説】SIerのユーザー系・メーカー系・独立系の違いは?SE(システムエンジニア)に興味を持った時に、ユーザー系・メーカー系・独立系のどこが良いのだろうかと一度は思ったことがあるのではないでし...

一番客先常駐となる可能性が高いのが、独立系SIerです。次点でメーカー系SIerです。

反対に客先常駐になる可能性が最も低いのがユーザー系企業です。

特に内販のみのユーザー系SIerは、ほとんど客先常駐はないと思って頂いて問題ありません。基本的にユーザー系SIerは、親会社のためのシステム会社ですので、客先常駐はほぼありえません。

しかし、外販を行っている企業は客先常駐の可能性もあります。例えば、みずほ情報総研やニッセイ情報テクノロジー、SCSKにNRIなどが思い浮かびます。

客先常駐になりうる業界イメージ

独立系>メーカー系>ユーザー系(外販)>>>>>ユーザー系(内販)

客先常駐のメリットは?

仕事量が多くて成長できる

ユーザー系社員は『このような観点で、ここのPGM確認して』等と簡単なシステム調査を客先常駐先社員にお願いしてしまいます。

そのため、仕事量が多くなり必然的にスキルが付きます。

様々な会社に行くので出会いが増える

客先常駐の場合、契約期間が決まっているのでコロコロ職場が変わる方々もいます。

それだけ1つの企業に骨を埋める方は少ないと思います。

そのため、様々な職場で出会いが増えます。それはビジネス上でも役に立ち、プライベートでも何かのプロジェクトをきっかけにお付き合いや結婚に発展する方もいます。

様々なプロジェクトを経験することができる

客先常駐では即戦力を期待されています。残念ながら成長を悠長に待ってくれる会社などほぼ存在しません。

そのため、小さな案件よりも大きなプロジェクトに関わる機会が多く、成長に繋がったり達成感を得られたりすることが多いです。

環境の良いオフィスで仕事ができる

ユーザー系SIerの職場環境は働き方改革からか、年々改善しているように思われます。

例えばMS&ADシステムズでは高田馬場の新築ビル、セゾン情報システムズでは赤坂のビルと、最近新しいビルに本社機能を移転させました。

そのような新しいビルで働けるのは、客先常駐社員も同じですので、モチベーションが上がります。

引き抜きの可能性もある

あまり少ないですが、引き抜きの可能性もあります。ヘッドハンティングです。

基本的に客先常駐先と客先常駐元で、紳士協定のような契約を結ぶのか暗黙の了解がありますので、かなり少ない例だと思います。

客先常駐元は人を送り込むことで利益を上げているので、その人が取られてしまったら売上が減って利益もなくなってしまいますから必然かもしれません。

よくある例としては、客先常駐元から他の職場に異動命令が出されたときです。本人としては、今のまま留まりたいと考えたら、一旦会社を辞めて客先常駐先の正規社員として入り直すことはあります。

コンプライアンスの問題もあるので、大手ユーザー系企業であればあるほど、そのような傾向は少ないです。

客先常駐のデメリットは?

退社時間が遅い

膨大な仕事量が降ってくるので、必然的に帰る時間が遅くなります。

特に今の時代は『働き方改革』とも言われて、ユーザー系企業でも早帰りが根付くようになってきています。

平均退社時間が早くなればなるほど新卒採用時にアピールしやすいです。残念ながら会社が違うので、客先常駐社員の退社時間はユーザー系企業の平均退社時間にカウントされません。

休みの取得が自社と常駐先の両方の承認が必要

せっかく自社で承認が降りたのに、仕事の都合上常駐先から休まないでほしいと言われることが多々あるようです。

時には自社の制度で休むにも関わらず、常駐先から嫌な顔をされることもあります。

また、システムリリースに伴う夜間監視や休日出社などの手続きが煩わしいようです。

資格を取らされる

SEを評価するのは実に難しいです。

そんな中、客観的に評価できるのは資格です。そのため、ほとんどの企業で資格取得に力を入れています。

理由は簡単で、客先常駐先へのアピールになるからです。

例えば、『A社員は◯◯の資格を持っているから使ってくれ』と言えば、今までの実績は分からないものの、資格があるから優秀そうと錯覚してしまいます。

もちろん会社の思惑もありますが、取っておいて損はありません。転職の際のアピールにもなりますし、一時金や給与上乗せという制度も会社によってはあると思います。

愛社精神がなくなる

会社に入社したものの、自社に戻るのは月1回程度です。周りに同期もほぼいない状態ですので、自分の会社を見失うことが多いようです。

客先常駐している方が、よく『俺はどこの会社のために働いているのだろうか』とぼやいています。それぐらい自分がどこの会社に所属しているのか分からなくなってしまいます。

飲み会を断りづらい風潮がある

言ってしまえば常駐先の社員は全員がお客様です。

そのため、その社員方々から飲みに誘われたら断りづらい雰囲気はあります。しかも、そんな席で説教や武勇伝を聞かされたら地獄ですね。接待飲み会です。

あまりに飲み会が多いと時には断る勇気も必要かもしれません。

必要がないと切られる恐れもある

メリットで『様々な会社に行くので出会いが増える』とありますが、裏を返せば『必要がないと切られる』恐れもあります。

システム会社はボランティアや、常駐先の成長を見守る会社ではありませんので、悠長に成長を待っていません。

言い方が悪いですが、使えない、必要がないと思われてしまったら常駐先から契約終了になる恐れもあります。

契約が終了となったら、また違う常駐先に行きます。この繰り返しです。

OJT制度はあるもののほぼないに等しい

新卒採用の謳い文句でもあるOJT制度があるにも関わらず、実質行われてないに等しいです。

OJTトレーナー自身が忙しく、常駐先でそんな悠長に構っている時間はないように思われます。もちろんしっかり機能している会社もありますので、一概には言えません。

客先常駐のまとめ

ここまで現役ユーザー系に勤めている立場から述べましたが、メリットよりもデメリットが多い気がします。

客先常駐をしたい場合は独立系SIer企業やメーカー系SIer、客先常駐をしたくない場合はユーザー系SIer企業がおすすめです。

【現役SEが解説】SIerのユーザー系・メーカー系・独立系の違いは?SE(システムエンジニア)に興味を持った時に、ユーザー系・メーカー系・独立系のどこが良いのだろうかと一度は思ったことがあるのではないでし...

もちろん、客先常駐になるかどうかは会社の判断によるので、自分の希望通りにならないかもしれませんので注意が必要です。

【ブックマークしておくと便利】当サイトまとめ記事

とにかくこのページさえ読んでおけば、就活とは何をするべきかが分かるようになっています。

私はMARCHの理系出身で、SIerや通信等のSEを狙って就職活動していました。

就活初期にはESや面接を数こなしていくにも、なかなか手応えを感じられない。せっかくこんなに多くの説明会や面接を受けているのに、全然内定出ない。

いつも通りに自己分析をしていると、自分は何かアピールすべきことを間違っているのではないか?という疑問が生まれました。そこからアピールすることをガラッと変えたら、みるみる内定が出ました。

この内定をいただいた経験は誰かに伝えたいと考え、ブログを始めました。一人でも多くの就活生が、この就活に対してプラスになるようなものを発信できればと思います。

このブログに書いていることは、その企業の一部であり全部ではありません。

たまたまお会いした社員の印象が良かった、悪かったという面がありますので、必ずしもその企業の社員全員が良い、悪いということはありません。そのため、あくまで参考程度にお願いします。

▼ブックマークしておくと便利▼

まとめ記事へ👈

\就活に役立つお得情報を随時更新中/