トップページへ戻る
SIer-ユーザー系

【私の就活実体験】みずほ情報総研(MHIR)の選考や口コミ・評判を紹介

今回はみずほ銀行のシステム会社である、みずほ情報総研(以降MHIR)を紹介します。

三菱UFJインフォメーションテクノロジーや日本総研と並ぶ銀行のシステム会社です。補足ですが、三菱UFJインフォメーションテクノロジーはMUFGグループのシステム、日本総研はSMBCグループのシステムを手掛けています。

そんな中、みずほ情報総研はどのような特著があるのか、他行とも比較しながら紹介します。

就活で感じたみずほ情報総研(MHIR)の特徴

事業内容や特徴

みずほ情報総研はみずほ銀行だけではなく、みずほフィナンシャルグループの戦略企業の一つです。従業員はシステムエンジニアが約3800人、コンサル部門が約400人と大所帯です。

三菱UFJインフォメーションテクノロジーは銀行システムやグループ内の業務がメインで、日本総研は銀行システムやカード事業がメインです。それと比較してMHIRはみずほ銀行のシステム、グループ内の業務以外にも他企業の外販にも力を注いでいます。

これは他行のシステム会社との大きな違いです。収益を外販にも持っているので、これはみずほ情報総研の強みにも当たります。

ヒロ
ヒロ
外販に力を入れている企業は企業として『成長していく』というメッセージ性を感じます。

その他、コンサルに当たる提案や要件定義、下流の運用保守に強みを持っています。みずほ銀行内のシステム開発は6割ほどで、その他4割は外販です。また、地方銀行105行中90行以上とのシステム開発の取引があります。他行システム会社と比較すると、幅広い分野・フィールドで関わることができます。

他行のシステム開発もあることから、技術力は同業の銀行システム会社よりも上なのかもしれません。あくまで一般的に内販だけではなく、外販を行っている企業の方が技術力があると言われています。

勤務地や福利厚生

仕事の中身ばかり聞いていて、みずほ情報総研の勤務地や福利厚生については聞けませんでした。

勤務地については、竹橋、白山、北新宿、東新宿など東京都内がメインでしょう。外販の場合は客先常駐の可能性もあります。

福利厚生は、みずほグループ各社との共通制度であるカフェテリアプランが用意されています。ライフスタイルやライフステージに応じて必要な福利厚生メニューを自由に選択することができます。その中身は

  • 住宅関連(借上げ住宅、住宅ローン等)
  • 財産形成関連(財形奨励金の支給等)
  • 自己啓発や健康管理関連(各種学校学費補助、インフルエンザ予防接種補助等)

などがあります。毎年度付与されたカフェテリアポイントの範囲内で使用可能です。

<スポンサーリンク>

実際に働いている社員からのみずほ情報総研(MHIR)の口コミや評判

新人研修は3ヶ月のプログラミング研修でみっちり受講できる。おおよそ30人くらいのクラスに分かれて何グループかに分かれて研修を受ける。
みずほ銀行のシステム会社ということもあり福利厚生は充実している。住宅補助制度や住宅ローン関連は嬉しい。また、関連企業へのサービスを割安で受けることが出来る。
社風的には古いイメージがまだ根強い。保守的で新しい技術やチャレンジがあまり評価されない。良い意味で安定志向の方が多い。
チームで取り組む仕事が多く、一人で進められるような仕事ではなく、相談しながら進めるのが一般的に浸透している。

みずほ銀行のシステム刷新で悪評判ばかりでしたが、意外とそのような声は聞こえてきません。

SIerでSEになりたいのであれば、この『みずほ銀行システム統合、苦闘の19年史 史上最大のITプロジェクト「3度目の正直」』は一読する価値があります。実際にどのようなシステム開発が行われているのかをイメージすることができます。

その他、福利厚生や社風、仕事内容などの話は、『実際の社員が書き込んでいる口コミ』を参考にすると良いです。キャリコネならば、60万以上の企業が登録されてて、『転職希望者の信頼度が高い』『20代30代が注目している』『人事担当者が注目している』の3つの部門でNo.1を獲得しています。

▼転職サイトは一番大きな現場の声▼

\もちろん完全無料で利用できます/

みずほ情報総研(MHIR)の選考フロー

KDDIの選考はオーソドックスなスタイルです。

  1. 説明会
  2. ES&テストセンター
  3. 1次面接
  4. 2次面接
  5. 最終面接

同業他社と比較すると選考開始が遅かったような印象です。良く言うとしっかりルールを守れる企業、悪く言うと融通が利かない企業です。

ESの内容

みずほ情報総研のESのは主に2つの項目がありました。

  1. 自分をプレゼンテーションするなら
  2. 志望動機

の2つです。自分をプレゼンテーションするならと言っていますが、言い換えると自己PRですね。

<スポンサーリンク>

みずほ情報総研(MHIR)での就活生の学歴

説明会や座談会になった時に話しましたが、MARCH学生が多い印象を受けました。ボリューム層はMARCHだと推測できます。

座談会を通して感じたのは、理系のみならず文系の学生も結構いました。座談会に出てくるような先輩社員も特別理系が多いと感じたことはありません。文系でも安心して選考に臨めます。

他の就活生が使用していたみずほ情報総研(MHIR)の志望動機を紹介

箇条書きでみずほ情報総研の志望動機を紹介していきます。志望理由に正解はありませんので、自分の言葉で伝えられるようにしましょう。

  • シンクタンクであるということから幅広い知見を持っている
  • コンサルティングとシステムのシナジーを生み出すことができる
  • みずほグループ全体のIT戦略を担っている
  • みずほグループによる強固な顧客基盤、社会的に影響力の大きな仕事ができる
  • メガバンクのシステムに携わり、外販の成長性も感じた
  • 同じグループ会社がお客さんのためユーザーに近い立場でシステム開発ができる
  • 銀行のみならず証券や信託銀行などのシステムにも関われる
  • 外販にも携わっているため、扱っている事業フィールドが同業他社と比較しても大きい
  • ITコンサルとして金融系のみならず今後も拡大していく見込みがある
  • 内販のみならず外販にも力を入れている
  • 豊富なノウハウを生かして様々な業界のお客様の課題を解決し、新たなビジネスを提供できる
  • One MIZUHO戦略に惹かれた
  • グローバル化が進んでいて海外でも働けるチャンスがある
  • インターンシップ参加時に社員の方々の対応が丁寧で、雰囲気がすごく和やかだったので、個人的に働きやすい環境だと感じた
  • 研修制度の豊富さから、社員一人一人の成長を積極的に支援する環境が整っている

まとめると多くの内定者は『みずほ銀行と言った大規模システムに関われること』または『外販にも力をいれていること』と言った2つのキーワードが浮かび上がります。

ヒロ
ヒロ
志望動機に『今までの経験』を含めると説得力が増しますので、意識してみください!

私が選考で使用していたみずほ情報総研(MHIR)の志望動機

私がみずほ情報総研を志望した理由は大きく2点で構成していました。

  1. 大規模で責任あるシステムに関わることができるため
  2. 自分自身や企業の成長性

それぞれについて例文を紹介していきます。

大規模で責任あるシステムに関わることができるため

大学時代のプログラミング経験からシステムエンジニアに興味を持ちました。その中でも貴社は、みずほという大きな基盤を持っており、それを支えることによって、社会に影響力の大きな仕事ができると考えたからです。

自分自身や企業の成長性

公共や法人と関わることができるのが、同業他社との違いであり、金融のみに留まらずITのプロフェッショナルになれると考えました。下流工程から理解し、上流工程に関わることができるITのプロフェッショナルになりたいです。また、外販に力をいれていることから企業の成長していくことが伺えました。

ユーザー系SIerの志望動機を業界別に紹介!銀行・証券・生保・損保・鉄道・商社のまとめユーザー系SIerって結局システムを作る会社でしょ?業界によって何が違うのか分からないと思われるかもしれません。 https://...

みずほ情報総研(MHIR)の選考対策にOB訪問も

選考対策には、実際に入社した先輩社員の声も参考になります。数々の面接を乗り越えてきましたので、確実に力になるでしょう。特にビズリーチ・キャンパスならば、同じ大学の先輩を探すことができるので、一からOB訪問をしようとしている人にはおすすめです。

▼実はキャリアセンターよりもおすすめ▼

\もちろん完全無料で利用できます/

【メリット・デメリット】OB訪問はビズリーチキャンパスが大学キャリセンよりおすすな理由を紹介就活生の皆さんはOBOG訪問していますか。必ずOBOG訪問する必要はありませんが、しておくて今後の就活が有利に進むことが多いです。 ...

MHIRの選考結果

ES&テストセンター通過後に辞退しました。みずほ銀行のシステム開発は終わりが見えないとニュースにも取り上げられるぐらい、デスマーチ化していて、それに飛び込む勇気がなかったのが一番です。

今では2019年7月に完成していますので、一旦は一安心です。しかし大規模システムの場合、リリース後にバグが勃発するのが恒例です。実際の情報は得ることができていませんが、勇気ある学生はおすすめです。

SIerでSEになりたいのであれば、この『みずほ銀行システム統合、苦闘の19年史 史上最大のITプロジェクト「3度目の正直」』は一読しておきましょう。

私はマーチ理系出身で、就活ではSIerや通信、金融系を見てきました。

個別説明会では83社に参加した経験を元に、座談会・ES・GD・面接など数多く受け、企業の雰囲気、志望動機や学歴等就活で感じたことを公開しています。

その他就活に役立つサービスも触れていますので、就活初心者はぜひ見て下さい。

トップページへ戻る