【ブックマークすると便利】就活まとめ記事
SIer-ユーザー系

【就活実体験のまとめ】三菱UFJインフォメーションテクノロジー(MUIT)の選考や口コミ・評判を紹介

三菱UFJインフォメーションテクノロジー(以後MUIT)ってどんな会社のイメージですか?

3メガバンクでもある三菱UFJのイメージがありますよね。でも、意外と銀行以外の業務にも携わっているんですよね。

それでは、今回は銀行のイメージが強い三菱UFJのシステム会社でもあるMUITを紹介します。

就活で感じた三菱UFJインフォメーションテクノロジー(MUIT)の特徴

事業内容や特徴

三菱UFJフィナンシャルグループを支えるユーザー系のシステム会社です。グループには三菱UFJ銀行や三菱UFJ信託銀行、三菱UFJニコスなどあります。

事業内容は、三菱UFJ銀行のシステムがメインです。イメージしやすい一例ではインターネットバンキングでもある三菱UFJダイレクトがあります。

24時間365日稼働させるための運用や保守も担当しておりますが、夜間出社などは協力会社に依頼しているため、年に1回、2回程度のようです。

その他は、MUFG部門と呼ばれる証券やカード、プラットフォーム部門と呼ばれるシステム基盤系にも関わることがあります。

MUITでは主に上流工程がメインであり、下流工程担当は1~3年目の間のようです。

キャリアに応じた豊富な研修カリキュラムが存在しています。就活時のキーワードは『金融×IT×コミュニケーション』です。

勤務地や福利厚生

労働時間はパソコンのログイン、ログオフで管理しているため、残業代も全支給されるようです。

勤務地は晴海や中野、多摩を始めとした東京郊外にあります。MUFGグループ会社の各拠点で勤務の場合もあります。さらには優秀な人は海外のニューヨークやロンドン、上海、シンガポールなどもあるそうです。実際に30名程常駐しています。

男女比はおよそ男7割:女3割と意外に女性は少ないです。文理比はおよそ文5割:理5割と半々の構成となっております。ここ数年の院卒採用の傾向はおよそ2割と高いです。

モデル年収は入社8年で700万円、13年目で900万円で業界水準で比較すると、高いほうだと思われます。

平均残業時間は35時間、新卒3年以内の離職率は約2%です。有休取得率は7割と、同業他社と比較しても結構取れている状態です。その他5日、10日連続休暇を必ず取得しなくてはいけないところなどあり、労働環境はかなり整っています。

ヒロ
ヒロ
三菱系の会社は同業他社と比較して、労働環境が良いとよく聞きます。
<スポンサーリンク>

実際に働いている社員からの三菱UFJインフォメーションテクノロジー(MUIT)の口コミや評判

様々な転職サイトから口コミや評判を探してみたので一部紹介します。もちろん良い点や悪い点両方あります。もっと口コミを知りたいのであれば、完全無料で利用できるキャリコネがおすすめです。

SEの割に給料が高い。5年目には600万、一つ役職が上がると700万(ここまではストレート)。更に一つ役職が上がると800万、次は1000万となっている。
育休や産休、時短勤務に在宅勤務などが整っており働きやすい環境。男性の育児休暇制度も充実している。
新卒入社の半数が文系ですが、研修が手厚く、それほど専門的なIT知識が実務で求められる訳でもないため仕事には困らない。
銀行本体の出向者と比較すると同じ仕事をしているにも関わらず出向者の方が給料が高い。自分の方がスキルや能力が上にも関わらず、出向者よりも給料が低いと感じると悲しい。

福利厚生などの話は、『実際の社員が書き込んでいる口コミ』を参考にすると良いです。キャリコネならば、60万以上の企業が登録されてて、『転職希望者の信頼度が高い』『20代30代が注目している』『人事担当者が注目している』の3つの部門でNo.1を獲得しています。

▼転職サイトは一番大きな現場の声▼

\もちろん完全無料で利用できます/

三菱UFJインフォメーションテクノロジー(MUIT)の選考フロー

三菱UFJインフォメーションテクノロジーの選考はオーソドックスなスタイルです。ES&適性テストが鬼門ですので対策は必須です。

  • 説明会
  • WEB適性テスト&ES
  • 1次面接
  • 2次面接
  • 最終面接

面接は基本的に1対1で、3回面接をする方も4回面接する方もいるようです。三菱UFJインフォメーションテクノロジーのESでは大きく3つが挙げられます。

  • 志望動機は何か
  • アルバイト等社会経験から得られたこと、学んだこと、感謝したことは何か
  • 自分自身の弱みは何か、それを社会人になってどのように克服したいか

志望動機一般的な会社でもあるとして、他の2つは珍しい切り口です。弱みに関して今ふと思いついたことを紹介すると、例えば、

私の弱みは高い目標を掲げても達成にに最後一歩届かないことです。高校の部活動での日本一になれなかったことや、浪人したにも関わらず志望する大学に入学することができなかった経験からそう感じています。入社後は高い目標を掲げる中にも小さな目標を設定していき、同期と切磋琢磨して成し遂げていきたいです。

のような感じでしょうか。一例ですが、参考にしてみてください。

  1. 結論:私の弱みは○○です。
  2. 理由:それは今まで○○なことがあったからそう感じています。
  3. 今後:入社後は○○をしてこの弱みを克服していきたいです。
<スポンサーリンク>

三菱UFJインフォメーションテクノロジー(MUIT)の就活生はどのぐらいの学歴か?

学内説明会時に人事の方が早稲田、理科大、中央、慶應、明治、立教、日本、法政の順番で多いと言っていたため、早慶MARCHがボリューム層だと推測できます。

ユーザー系SIerのため、成成明学やニッコマなどでも数人はいます。しかし、ユーザー系SIerの中でも高学歴を採用している印象を受けますので、MARCH未満の学生はかなり狭き門です。ES対策はもちろんですが、SPI対策は必須なので必ずしてください。

【本当に役立つ10冊厳選】就職活動に役立つおすすめ就活本はこれだ!就活する際には、ネットの情報だけで足りるのか。YESって答える人もいるし、NOと答える方もいます。 しかし、私の考えではネットの情...

他の就活生が使用していた三菱UFJインフォメーションテクノロジー(MUIT)の志望動機を紹介

箇条書きで三菱UFJインフォメーションテクノロジー(MUIT)の志望動機を紹介していきます。志望理由に正解はありませんので、自分の言葉で伝えられるようにしましょう。

  • 日本一の金融グループで同業他社と比較してグローバル化が進んでいるため
  • 日本で一番大きい銀行のシステムに携わりたいため
  • 金融をITから支えたいため
  • 金融×ITプロフェッショナルになるための研修制度が充実しているため
  • ITを用いた新しい”当たり前”を創造したいため
  • 日本経済に与える影響が底知れないという挑戦
  • MUFGの一員として社会に広く影響を与えるシステム作りにやりがいを見出したこと
  • 金融系SIerの中でも一番先進性があるため
  • エンドユーザーに使ってもらえるシステムを構築できるため
  • 内販100%であるため

実際に内定を貰った就活生の志望動機では『国内最大の金融機関』と『グローバル化』を用いていることが多い印象を受けました。この2つがキーワードとなるかもしれません。なぜ『国内最大の金融機関』で働きたいのか、なぜ『グローバル化』が重要なのかも合わせて伝えられるとgoodです。

ヒロ
ヒロ
志望動機に『今までの経験』を含めると説得力が増しますので、意識してみください!

私が選考で使用していた三菱UFJインフォメーションテクノロジー(MUIT)志望動機

実際に私が志望動機として使用していたのは、以下の通りです。

  • 日本最大級の金融機関をシステムで支えられること
  • グローバルで大規模なシステムに関われる
  • システムエンジニアとして成長できる環境があること

もちろんこれらはさらに深堀りする必要があります。例えば、

  • 日本最大級の金融機関に関われる
    →なぜ日本最大級が良いのか?
  • 多くの人々をシステム面から支えることができる
    →なぜ多くの人々を支えたいのか?
  • 社会に出ることは今まで関わった方々への恩返し。そのためできるだけ社会に与える影響の大きい仕事をしたい

のようになぜなぜ分析を繰り返していきましょう。できれば5回は深堀りしたいです。無理なら私のように3回程度で終えても構いません。なぜなぜ分析が苦手な方は『ロジカル面接術』をおすすめします。とても読みやすく、選考の戦略を立てやすいです。Amazonでもメルカリでも近くの本屋でもパラパラ見てると面白いですよ。

三菱UFJインフォメーションテクノロジー(MUIT)の選考対策にOB訪問も

選考対策には、実際に入社した先輩社員の声も参考になります。数々の面接を乗り越えてきましたので、確実に力になるでしょう。特にビズリーチ・キャンパスならば、同じ大学の先輩を探すことができるので、一からOB訪問をしようとしている人にはおすすめです。

▼実はキャリアセンターよりもおすすめ▼

\もちろん完全無料で利用できます/

【メリット・デメリット】OB訪問はビズリーチキャンパスが大学キャリセンよりおすすな理由を紹介就活生の皆さんはOBOG訪問していますか。必ずOBOG訪問する必要はありませんが、しておくて今後の就活が有利に進むことが多いです。 ...

三菱UFJインフォメーションテクノロジー(MUIT)の選考結果

ES落ちです。見返すとまとまっていないESを書いてて、妥当な結果でした。それともテストの結果で落ちたのでしょうか。就活初期に受けてしまったため、SPI対策ができていないまま臨んでしまったことも原因の一つと考えられます。対策は必須です。

【本当に役立つ10冊厳選】就職活動に役立つおすすめ就活本はこれだ!就活する際には、ネットの情報だけで足りるのか。YESって答える人もいるし、NOと答える方もいます。 しかし、私の考えではネットの情...

福利厚生や労働環境も整っており、とても入社したかった企業の一つです。おすすめ企業ベスト5には入ります。

また、三菱UFJにはシステム採用コースもあるので、そちらで応募しても良いかと思います。しかし、面接回数が多く、面接の強制力も高いので、MUITよりも入社は困難です。

nihon_soken
【就活実体験】日本総研(JRI)の選考三井住友FGのIT戦略を担っている日本総研の選考について、就活をした実際のESやGD、面接の内容を書いています。企業の特徴や学歴などもあれば書いていますので、業界研究に役立てていただければと思います。...
【就活実体験まとめ】みずほ情報総研(MHIR)の選考や口コミ・評判を紹介みずほ情報総研(MHIR)の選考について、就活をした実際のESやGD、面接の内容を書いています。企業の特徴や学歴などもあれば書いていますので、業界研究に役立てていただければと思います。...
当サイトのまとめ記事

私はマーチ理系出身で、就活ではSIerや通信、金融系を見てきました。

特に個別説明会83社を代表に、座談会・ES・GD・面接など数多く受け、企業の雰囲気、志望動機や学歴等就活で感じたことを公開しています。その他就活に役立つサービスも触れていますので、就活初心者はぜひ見て下さい。