トップページへ戻る
SIer-ユーザー系

【私の就活実体験】MS&ADシステムズの選考や口コミ・評判を紹介

MS&ADシステムズは国内損害保険大手のMS&ADグループ(三井住友海上火災保険やあいおいニッセイ同和損害保険など)を支えているユーザー系SIerです。

高井戸本社から高田馬場に移転したことから、ユーザー系SIer人気ランキングも上昇してきました。そんなMS&ADシステムズについて紹介していきます。

就活で感じたMS&ADシステムズの特徴

事業内容や特徴

国内損害保険の大手企業、3メガ損保の一角であるMS&ADグループのシステム会社です。損害保険業界や損保系SIerに興味がある方は以下の志望同期のネタも参考になります。

【国内4メガ損保】志望動機に使えそうな情報を教えます。損害保険業界に違いはあるのか?就活を始めていくと、生命保険や損害保険会社があることに気が付きます。しかし、実際にそれぞれの会社が何をやっているのか、何の特徴があるのか...

MS&ADシステムズということから、主にMS&ADのMSである三井住友海上保険、ADであるあいおいニッセイ同和損害保険の損害保険系のシステム開発をしています。その他にも生保系分野でもある、三井住友あいおい生命保険や三井住友プライマリー生命保険の生命保険系の開発をしています。

上記のMS&ADグループのシステムを手掛けており内販100%のユー子です。同業他社でもある、SOMPOシステムズや東京海上日動システムズと同様に100%の内販です。親会社であるMS&ADは東京海上日動と国内損害保険で収入保険料がNo.1を争っています。

実際の業務では、3年間はみっちり下流工程での経験を積み、3年目途中から上流工程に関われるようです。言語はCOBOLが中心のようです。

福利厚生や勤務地

勤務地は7割が高田馬場で2割が千葉ニュータウン、1割その他です。他の損保システム会社と違って高田馬場は自社ビルではないため、拠点が移動になる可能性はあります。

以前は高井戸や新宿、西宮(兵庫)なども拠点がありましたが、高田馬場に集約しました。千葉ニュータウン配属の場合には寮が用意されておりますが、高田馬場配属の場合は3割支給?の家賃補助のようです。

年間200以上の研修が用意されており、中小ITベンダー人材育成優秀賞を受賞したそうです。

勤務時間は9:00~17:00のフレックス制です。フレックス制と言っても実情は9時出社が当たり前のようです。

【質問例あり】SIer志望の就活生は勤務ルールを気にしろ!座談会やOB訪問で聞くべき有給休暇、夜間休日対応のまとめSEといえば、夜間対応や休日出社など不規則な勤務形態があります。そのため、他の職種よりも勤務実態を気にする必要があります。 今回は...

休みを取れと言われ、その分19時20時頃に帰ることが多い。夏季休暇とフレッシュアップ休暇で5日間×2回の休みが取れる。文系6:理系4、男6:女4の割合で、離職率も新卒3年は4%です。

【保存版】座談会やOB訪問で聞いておくべき福利厚生質問リスト企業研究しても正直大手の違いが分からない。 特にユーザー系SIerなんて、企業研究したところで、学生から見える範囲は限られています...

給料の推移

MS&ADシステムズでは役職が就くと、一気に給料が上がるタイプのようです。口コミサイトより、概ねの給与推移をまとめました。

  • 1=6年目はEG:350万円~450万円
  • 7~11年目はDS:600万円
  • 12年目~はPL:700万円
  • 40歳以降になれるMGと呼ばれる課長職:800万円程度
  • その上のJMG:900万円程度

PL職までは概ね同期でも順調に進んでいき、その先の課長職は誰でもなれるような役職ではないようです。その上のJMGは同期の中でも一握りでしょう。

内販100%のユーザー系でもあるので、給料水準も平均的です。低くもありませんが、高くもありません。もし給料を求めるのであれば、外販も行っている企業の方が良いでしょう。

【SIer】SEで給料(年収)が1000万円を超える企業はどこだSIer企業はそこまで給料が高くはありません。平均年収の調べ方は『EDINET』を使用すると便利です。ぜひ実践してみてください。 ...
<スポンサーリンク>

MS&ADシステムズの口コミや評判

ある一定以上の年次になってくると、誰でもシステムの設計など上流工程を担当するようになり、マネジメントや管理能力が問われるようになってきます。全国規模のシステムを担当したり大きな仕事も任される場合がありやりがいはあると思います。
穏やかな社風で怒鳴る人は基本的に居ない。飲み会は適度にあるが必要以上に関わら無くても問題は無い。
三井住友海上火災保険やあいおいニッセイ同和損保などの保険会社のインフラ部分を担当するため、社会貢献に対する役割は大きいのではないかと思います。
教育や研修の機会は揃っていて、資格や役職に合わせた必須のものから、各自で選択するプログラムも豊富で、知識を身につけたい人には充分と思います。

穏やかな性格の方が多い一方で、三井住友海上とあいおいニッセイ同和の両事業会社からの出向者で役職ポストが埋まっているとのことです。研修の機会も年次や役職に沿ってあるようで、しっかりとしたステップアップができそうです。

その他、福利厚生や社風、仕事内容などの話は、『実際の社員が書き込んでいる口コミ』を参考にすると良いです。キャリコネならば、60万以上の企業が登録されてて、『転職希望者の信頼度が高い』『20代30代が注目している』『人事担当者が注目している』の3つの部門でNo.1を獲得しています。

▼転職サイトは一番大きな現場の声▼

\もちろん完全無料で利用できます/

MS&ADシステムズの選考フロー

MS&ADシステムズの選考フローは以下の通りです。

  1. 説明会(必須)
  2. ES&テスセン
  3. 1次面接(集団:若手社員)
  4. 2次面接(個人:部長レベル)
  5. 最終面接(個人:役員レベル)

ES内容

  1. 挫折、失敗経験を乗り越えたエピソード
  2. SE志望理由

SEの志望理由は以下の通り構成してました。

【例文あり】SEの志望動機を現役ユーザー系SIerが紹介!実際に就活で使用していた2つの理由とは?面接で必ずと言っていいほど聞かれる志望動機。志望動機と言ったら ①なぜこの業界を志望したのか ↓ ②なぜこの職種を...

1次面接

私の1次面接は学生2人、面接官2人でした。面接で聞かれた質問は、

  • 学生時代頑張ったこと
  • 自己PR
  • チームで何かを成し遂げたこと
  • チームでの自分の役割

など、一般的な質問で進められました。特にチームでの経験を重視しているように思われ、ここに対してはしっかり対策しておく必要があります。

なお、私達の場合、志望動機は聞かれませんでしたので、『人』にスポットを当てているように思われました。

<スポンサーリンク>

MS&ADシステムズの就活生の学歴

特に誰かと話したわけではないので分からりませんが、幅広いと推測しています。座談会を通して先輩社員とお話しましたが、ギラギラした人は少なく、おっとりした人が多い印象でした。

おっとりと言えば、東京海上日動システムズやSOMPOシステムズと言った損保系SIerは同じような雰囲気を感じました。内販100%の企業は同じような雰囲気なのでしょうか。

今までは成成明学レベルの方が多かったようですが、最近高田馬場移転に伴い、すぐ近くにキャンパスのある早稲田生も増えてきているようです。

MS&ADシステムズの選考対策にOB訪問も

選考対策には、実際に入社した先輩社員の声も参考になります。数々の面接を乗り越えてきましたので、確実に力になるでしょう。特にビズリーチ・キャンパスならば、同じ大学の先輩を探すことができるので、一からOB訪問をしようとしている人にはおすすめです。

▼実はキャリアセンターよりもおすすめ▼

\もちろん完全無料で利用できます/

【メリット・デメリット】OB訪問はビズリーチキャンパスが大学キャリセンよりおすすな理由を紹介就活生の皆さんはOBOG訪問していますか。必ずOBOG訪問する必要はありませんが、しておくて今後の就活が有利に進むことが多いです。 ...

他の就活生が使用していたMS&ADシステムズの志望動機を紹介

箇条書きでMS&ADシステムズの志望動機を紹介していきます。志望理由に正解はありませんので、自分の言葉で伝えられるようにしましょう。

  • 国内・東南アジアでトップシェアを誇る親会社の情報システムに関われ、多くのお客様やエンドユーザーを支えられる
  • 損害保険という社会インフラを支える責任感
  • 国内トップの保険グループのシステム開発・運用に関われる
  • 親会社のMS&ADグループがASEANにおいて確固たる地位を築いており、海外案件にも携われる
  • 海外研修に参加でき、グローバルな視点を身につけられる
  • ユーザーと密接に寄り添ってこちらからも提案ができる
  • 生命保険、損害保険の両方のシステムに関われる
  • 豊富な研修制度が整っており、自己成長できそう
  • 若い社員でも大規模プロジェクトに関わることができる
  • 社員の方々の雰囲気が穏やかで良い
  • 週2で早帰りがあってワークライフバランスがしっかりしている

多くの方が志望動機にしているキーワードは1つにまとめられます。『国内・東南アジアでトップ級のシェアを誇っているMS&ADを支えられる』です。多くの顧客を支えることで、社会全体を支えられると考えている方が多いです。また、最大級の保険会社をIT面で支えることで、自己成長にも繋がると考えている方も多いです。

ヒロ
ヒロ
志望動機に『今までの経験』を含めると説得力が増しますので、意識してみください!

私が選考で使用していたMS&ADシステムズの志望動機

私も志望動機では大規模なシステムに関われることを中心に組み立てました。

  1. 世界にも挑戦している損害保険会社をIT面から支えられる
  2. 人を大切にしていると感じた

まず1つ目の世界にも挑戦している損害保険です。国内では東京海上日動グループと保険料収入で1位2位を争っています。そして東南アジア(ASEAN)では最大規模のシェアを誇っています。そのような世界にも挑戦している企業をシステム面から支えることで、より多くの人々を支えたり、影響を与えたりできます。

2つ目は人を大切にしていると感じた点です。年間200以上の研修が用意されていることや、中小ITベンダー人材育成優秀賞を受賞したことから、人を大切にしている、財産と考えていると思いました。

志望動機は東京海上日動システムズと似ています。

【就活実体験まとめ】東京海上日動システムズの選考や口コミ・評判を紹介東京海上日動システムズの選考について、就活をした実際のESやGD、面接の内容を書いています。企業の特徴や学歴などもあれば書いていますので、業界研究に役立てていただければと思います。...

正直他の損保SIerとの違いを説明するのが難しいです。そのため、親会社の企業分析をして違いを見つけて志望動機にするのも良いでしょう。

【国内4メガ損保】志望動機に使えそうな情報を教えます。損害保険業界に違いはあるのか?就活を始めていくと、生命保険や損害保険会社があることに気が付きます。しかし、実際にそれぞれの会社が何をやっているのか、何の特徴があるのか...

MS&ADシステムズの選考結果

2次面接辞退です。福利厚生や給料が良い他の企業から内定を貰ったので辞退しました。こちらも親に付随して福利厚生がかなり整っており、ワークライフバランスも取れていることから行きたかった企業でした。損害保険系SIerは内販100%なため、まったり働きたい方は特におすすめです。

私はマーチ理系出身で、就活ではSIerや通信、金融系を見てきました。

個別説明会では83社に参加した経験を元に、座談会・ES・GD・面接など数多く受け、企業の雰囲気、志望動機や学歴等就活で感じたことを公開しています。

その他就活に役立つサービスも触れていますので、就活初心者はぜひ見て下さい。

トップページへ戻る