【ブックマークすると便利】就活まとめ記事
SIer-ユーザー系

【就活実体験まとめ】東京海上日動システムズの選考や口コミ・評判を紹介

東京海上日動火災保険と言えば国内損害保険の最大手です。そんな東京海上のシステム面から支えているのが東京海上日動システムズです。

ユーザー系SIerの人気ランキングにも常に上位にいる企業で、就活生からは絶大な人気を誇っています。今回はそんな東京海上日動システムズの特徴を紹介していきます。

就活で感じた東京海上日動システムズの特徴

事業内容や業務内容

損害保険会社最大手でもある東京海上日動火災保険のシステム会社です。東京海上日動火災保険は学生からも超が付くほどの人気企業であり、そのシステム会社も同様に人気があります。

私たちは国内損保のリーディングカンパニーである東京海上日動火災をはじめ、
東京海上日動あんしん生命や海外のグループ企業などの東京海上グループの
IT戦略を担っています。

公式HPより引用

東京海上日動システムズはその名の通り、東京海上日動火災保険のシステムを担っています。

東京海上日動火災で働いている営業社員や損害サービス社員、本社社員の方以外にも、東京海上日動あんしん生命や海外グループ企業、代理店の方や契約者など様々な方々に向けたシステム開発を行っています。

前述の通り東京海上グループには損害保険会社のみならず、生命保険会社(東京海上日動あんしん生命)も存在します。そのため、実は生命保険のシステムに関わることもあり得ます。

国内での主な損害保険システム会社は、SOMPOシステムズ(旧:損保ジャパン日本興亜システムズ)やMS&ADシステムズが挙げられます。後は東京海上グループでもある、日新情報システム(NISK)もあります。

1.2年目から上流工程に携われることもあり、6,7年目あたりから上流工程を任されるようです。ただし3年目までは製造工程(プログラミング)やテスト工程がメインです。

そのぐらいですね。説明会や座談会を通しても、あまりこれと言ったイメージはありませんでした。ただ、それだけ損害保険業界No.1というイメージが強すぎます。

福利厚生や勤務地

人によって好き嫌い分かれそうですが、勤務地は多摩です。同様の損保系SIerのSOMPOシステムズの本社は立川、MS&ADシステムズは高田馬場と都心に憧れるのであれば多摩は微妙です。一方でJR東日本2018年度の日本乗車人員ランキングによると、高田馬場は12位、立川は16位と多摩は快適な通勤ライフを送れそうです。

寮も用意されており、毎月2万5千円のようです。借り上げ社宅となると月3万円で住めそうです。(座談会先輩社員の情報)

男性でも普段はスーツではなくラフな格好のようです。残業時間は平均30時間と少ないです。文系7:理系3の割合のようで以外にも文系出身社員が多いです。社内結婚も結構多いです。

福利厚生の基本はカフェテリアプランです。様々な福利厚生が用意されており、自分の持っているポイントによってレジャーや育児支援など好きな福利厚生を選ぶことが出来ます。

特別連続有給休暇があり、5連休を2回取得することが出来ます。またリフレッシュ休暇や記念日休暇など有給休暇は豊富です。率までは聞いていませんが、しかも有給休暇取得率も良いです。

<スポンサーリンク>

実際に働いている社員からの東京海上日動システムズの口コミや評判

若いうちから大規模プロジェクトに携われるので、プロジェクトマネジメント力が付く。セミナーや研修にも行きやすい職場である。
30代で年収は800万程度です。給与意以外には年2回のボーナスが支給されます。ユーザー系システム子会社の中では給与水準が高い方だと思う。
年間に5日間の連休を2回取得することができる。さらに5年、10年、15年の節目でリフレッシュ休暇をさらに取ることができる。
自分の関わっていたシステムが、実際に世の中で使われていることを確認できると嬉しさややりがいを感じる。特に東京海上日動は大きな社会インフラも担っているので、そのようなやりがいを実感しやすい。
開発の体制上、製造(プログラミング)を一切行わないので、手を動かすことができると思って入社してきた若手社員はギャップに苦しみ、時には退職しているケースが見受けられる。

その他、福利厚生や社風、仕事内容などの話は、『実際の社員が書き込んでいる口コミ』を参考にすると良いです。キャリコネならば、60万以上の企業が登録されてて、『転職希望者の信頼度が高い』『20代30代が注目している』『人事担当者が注目している』の3つの部門でNo.1を獲得しています。

▼転職サイトは一番大きな現場の声▼

\もちろん完全無料で利用できます/

東京海上日動システムズの選考フロー

東京海上日動システムズでの選考フローは以下のとおりです。

  1. 説明会(必須)
  2. ES&テストセンター
  3. グループディスカッション(グループワーク)
  4. 1次面接
  5. 最終面接

説明会で学生時代頑張ったことを3つ書かされました。必ず説明会に行く前にしっかり対策していきましょう。

ES内容は以下の通りです。

  • 当社の志望動機
  • 自分自身の強み
  • 学業、ゼミ、研究室で取り組んだ内容
  • 自己PR
  • 学生時代に最も打ち込んだこと
  • 長所短所ともに自覚している性格
  • 他の志望先

他企業と比較しても、ESの記入項目は一番多かったです。ちなみに本体である東京海上日動よりもESの項目が多いです。それだけ人の中身を重視しているのでしょうか。

2次面接、最終面接ともに学生は一人で集団面接はありません。また、最終面接前に再度テストを受けるようなスキームのため、テストセンターを通っても気が抜けません。

<スポンサーリンク>

東京海上日動システムズの就活生の学歴

特に誰かと話したわけではないので分からないが、幅広いと推測しています。

親会社のように超高学歴、体育会だけではなく、様々な大学がいそう。座談会を通して先輩社員とお話しましたが、ギラギラした人は少なく、おっとりした人が多い印象でした。

口コミ情報ですが、やはりユーザー系SIerというべきか、国公立からニッコマまで幅広く採用しているようです。親会社の東京海上日動火災保険は学歴が重要ですが、システムズではそこまで重視されておらず、中身で勝負しているようです。

他の就活生が使用していた東京海上日動システムズの志望動機を紹介

箇条書きで東京海上日動システムズの志望動機を紹介していきます。志望理由に正解はありませんので、自分の言葉で伝えられるようにしましょう。

  • 損害保険で世界トップ企業を目指している東京海上日動グループをITで支えられるため
  • 損害保険のリーディングカンパニーをシステム面から支えたいため
  • 損害保険会社は積極的なM&Aによるグローバル化で将来性があると感じたため
  • 東京海上日動という地盤が将来に渡り働けると感じたため
  • 東京海上日動グループのIT戦略を担う縁の下の力持ちに魅力を感じたため
  • 保険の仕組みに魅力を感じたため
  • 内販100%と保険業務に特化しており、お客様の期待以上のソリューションを提供できると考えたため
  • インターンシップや会社説明会で会った社員の雰囲気に合っていると感じたため
  • 座談会で会った社員は熱意があり、共に仕事ができたら、自分をより成長させることができると感じたため

多くの方が志望動機にしているキーワードは2つです。『損害保険のリーディングカンパニーをIT面から支える』と『人の雰囲気』です。なぜリーディングカンパニーじゃなくちゃいけないのか、人の雰囲気を感じるために就活では何を心がけているか。の2つを説明できると良いです。

ヒロ
ヒロ
志望動機に『今までの経験』を含めると説得力が増しますので、意識してみください!

私が選考で使用していた東京海上日動システムズ志望動機

私も損害保険業界No.1と人という面で攻めました。

  • 大規模なシステムに関われる
  • 人を大切にしている会社

特に親会社は世界一の損害保険に挑戦しています。その挑戦をシステム面から支えたい、縁の下の力持ちとなりたいと紐付けました。

もう一つは研修制度の多様さから人を大切にしていると感じました。と志望動機を作成しました。正直研修制度の多さから志望動機を作るのは微妙ですね。

東京海上日動システムズの選考対策にOB訪問も

選考対策には、実際に入社した先輩社員の声も参考になります。数々の面接を乗り越えてきましたので、確実に力になるでしょう。特にビズリーチ・キャンパスならば、同じ大学の先輩を探すことができるので、一からOB訪問をしようとしている人にはおすすめです。

▼実はキャリアセンターよりもおすすめ▼

\もちろん完全無料で利用できます/

【メリット・デメリット】OB訪問はビズリーチキャンパスが大学キャリセンよりおすすな理由を紹介就活生の皆さんはOBOG訪問していますか。必ずOBOG訪問する必要はありませんが、しておくて今後の就活が有利に進むことが多いです。 ...

東京海上日動システムズの選考結果

ES&テストセンター落ちです。ESもひどい内容でしたが、おそらくテストセンターで落ちたかと思われます。本当に悔しいのでSPI対策だけはしっかりしましょう。

【本当に役立つ10冊厳選】就職活動に役立つおすすめ就活本はこれだ!就活する際には、ネットの情報だけで足りるのか。YESって答える人もいるし、NOと答える方もいます。 しかし、私の考えではネットの情...

親に付随して福利厚生がかなり整っており、ワークライフバランスも取れていることから行きたかった企業でした。

ちなみに東京海上日動火災保険本体はSPECコースで応募し、なぜかテストを通り面接まで漕ぎ着けました。残念ながら2次面接で落選してしまいましたがね。

当サイトのまとめ記事

私はマーチ理系出身で、就活ではSIerや通信、金融系を見てきました。

特に個別説明会83社を代表に、座談会・ES・GD・面接など数多く受け、企業の雰囲気、志望動機や学歴等就活で感じたことを公開しています。その他就活に役立つサービスも触れていますので、就活初心者はぜひ見て下さい。