【ブックマークすると便利】就活まとめ記事
この記事のURLをコピーする
SIer-ユーザー系

【就活実体験】東京海上日動システムズの選考や口コミ・評判を紹介

東京海上日動システムズ

国内損害保険最大手の東京海上日動を支えているシステム会社です。

ユーザー系人気ランキングも常に上位にいる企業で、就活生からは絶大な人気を誇っています。そんな東京海上日動システムズの特徴を紹介していきます。

東京海上日動システムズの特徴

事業内容

損害保険会社最大手でもある東京海上日動火災保険のシステム会社です。東京海上日動火災保険は学生からも超が付くほどの人気企業であり、そのシステム会社も同様に人気があります。

私たちは国内損保のリーディングカンパニーである東京海上日動火災をはじめ、
東京海上日動あんしん生命や海外のグループ企業などの東京海上グループの
IT戦略を担っています。

公式HPより引用

東京海上日動システムズはその名の通り、東京海上日動火災保険のシステムを担っています。東京海上日動火災で働いている営業社員や損害サービス社員、本社社員の方以外にも、東京海上日動あんしん生命や海外グループ企業、代理店の方や契約者など様々な方々に向けたシステム開発を行っています。

国内での主な損害保険システム会社は、SOMPOシステムズ(旧:損保ジャパン日本興亜システムズ)やMS&ADシステムズが挙げられます。後は東京海上グループでもある、日新情報システム(NISK)もあります。

業務内容

1.2年目から上流工程に携われることもあり、6,7年目あたりから上流工程を任されるようです。

そのぐらいですね。説明会や座談会を通しても、あまりこれと言ったイメージはありませんでした。ただ、それだけ損害保険業界No.1というイメージが強すぎます。

福利厚生や勤務地

勤務地は多摩です。これが人によって好き嫌い分かれそうです。

寮も用意されており、毎月2万5千円のようです。借り上げ社宅となると月3万円で住めそうです。(座談会先輩社員の情報)

男性でも普段はスーツではなくラフな格好のようです。残業時間は平均30時間と結構少ないです。文系7:理系3の割合のようで以外にも文系出身社員が多いです。社内結婚も結構多いです。

<スポンサーリンク>

東京海上日動システムズの口コミや評判

若いうちから大規模プロジェクトに携われるので、プロジェクトマネジメント力が付く。セミナーや研修にも行きやすい職場である。
年間に5日間の連休を2回取得することができる。さらに5年、10年、15年の節目でリフレッシュ休暇をさらに取ることができる。
自分の関わっていたシステムが、実際に世の中で使われていることを確認できると嬉しさややりがいを感じる。特に東京海上日動は大きな社会インフラも担っているので、そのようなやりがいを実感しやすい。

その他、福利厚生や社風、仕事内容などの話は、『実際の社員が書き込んでいる口コミ』を参考にすると良いです。キャリコネならば、60万以上の企業が登録されてて、『転職希望者の信頼度が高い』『20代30代が注目している』『人事担当者が注目している』の3つの部門でNo.1を獲得しています。

▼転職サイトは一番大きな現場の声▼

\もちろん完全無料で利用できます/

東京海上日動システムズの選考対策にOB訪問も

選考対策には、実際に入社した先輩社員の声も参考になります。数々の面接を乗り越えてきましたので、確実に力になるでしょう。特にビズリーチ・キャンパスならば、同じ大学の先輩を探すことができるので、一からOB訪問をしようとしている人にはおすすめです。

▼実はキャリアセンターよりもおすすめ▼

\もちろん完全無料で利用できます/

【メリット・デメリット】OB訪問はビズリーチキャンパスが大学キャリセンよりおすすな理由を紹介就活生の皆さんはOBOG訪問していますか。必ずOBOG訪問する必要はありませんが、しておくて今後の就活が有利に進むことが多いです。 ...
<スポンサーリンク>

東京海上日動システムズの就活生の学歴

特に誰かと話したわけではないので分からないが、幅広いと推測しています。

親会社のように超高学歴、体育会だけではなく、様々な大学がいそう。座談会を通して先輩社員とお話しましたが、ギラギラした人は少なく、おっとりした人が多い印象でした。

東京海上日動システムズの志望動機

大規模なシステムに関われる
→世界一の損害保険に挑戦しているので、それをシステム面から支えたい

人を大切にしている会社
→研修制度の多様さからそのように感じた

東京海上日動システムズの選考

  1. 説明会(必須)
  2. ES&テスセン
  3. 選考

説明会で学生時代頑張ったことを3つ書かされました。必ず説明会に行く前にしっかり対策していきましょう。

ES内容

  • 当社の志望動機
  • 自分自身の強み
  • 学業、ゼミ、研究室で取り組んだ内容
  • 自己PR
  • 学生時代に最も打ち込んだこと
  • 長所短所ともに自覚している性格
  • 他の志望先

他企業と比較しても、ESの記入項目は一番多かったです。ちなみに本体である東京海上日動よりもESの項目が多いです。それだけ人の中身を重視しているのでしょうか。

東京海上日動システムズの選考結果

ES落ちです。

親に付随して福利厚生がかなり整っており、ワークライフバランスも取れていることから行きたかった企業でした。

余談ですが、就活生時にはマリンと呼んでいましたが、社会に出た後は東京海上やTNと呼んでいます。

当サイトのまとめ記事

私はマーチ理系出身で、就活ではSIerや通信、金融系を見てきました。

特に個別説明会83社を代表に、座談会・ES・GD・面接など数多く受け、企業の雰囲気、志望動機や学歴等就活で感じたことを公開しています。その他就活に役立つサービスも触れていますので、就活初心者はぜひ見て下さい。

 

この記事のURLをコピーする