【ブックマークすると便利】就活まとめ記事
この記事のURLをコピーする
SIer-メーカー系

【就活実体験】NTTデータウェーブの選考

nttdate_wave

今回はNTTデータの小会社であるNTTデータウェーブを紹介します。巷ではデー子と略されていますが、当ブログではメーカー系のメー子とさせていただきますので、何卒よろしくお願いします。

デー子ランキングというものが存在しますが、信ぴょう性は置いておいて、デー子の中でも上位に食い込めるレベルです。それでは早速ですが、進めていきましょう。

NTTデータウェーブの特徴

事業内容や特徴

もともとJT(日本たばこ産業株式会社)の100%小会社であったため、JTからの仕事が主です。NTTデータを親会社に持っていますが、NTTデータ系の仕事はあまりないとのことです。
その中でも、
・インフラシステムエンジニア
→ネットワークやサーバー担当
・アプリケーションエンジニア
→業務をシステム化
と職種が分かれているような感じでした。

ERPパッケージのSAPに強みを持っています。
アプリケーションシステムエンジニアは、SAPとお客様の業務理解が必要なようです。
→システムスキルがある人はたくさんいるが、業務スキルがある人が少ないのが今後の課題です。
実際に資格は1人4つほど所持している計算になっています。
その他グローバル化に力を入れているようであり、ESでも記載しましたが、TOEICや英検などを重視しているように感じました。実際にオフショアとは英語での会話もすることもあるそうです。

今後は食品業界がターゲットであり、その中の会計システムに注目しているようです。
その中でも1次請けは8割9割ぐらいほどあり、直接お客様の顔が見る事ができます。

勤務地や福利厚生

本社は千駄ヶ谷にあり、千駄ヶ谷駅から10分ぐらいです。
しかし、本社で仕事ができるとは限らず、客先常駐もあります。
平均年齢は37歳前後で、残業平均時間は月に21時間ほどです。
もちろんシステムエンジニアという職種上、月に80時間をこすこともありますが、なるべく長時間労働をさせない方針であります。
女性は2割ほどしかおらず、男性が多いようです。
平均年収は710万円ほどで、システムエンジニア平均の520万円を大きく上回っています。

福利厚生などの話は、『実際の社員が書き込んでいる口コミ』を参考にすると良いです。キャリコネならば、60万以上の企業が登録されてて、『転職希望者の信頼度が高い』『20代30代が注目している』『人事担当者が注目している』の3つの部門でNo.1を獲得しています。

▼転職サイトは一番大きな現場の声&完全無料▼

キャリコネの公式HPへ👈

<スポンサーリンク>

NTTデータウェーブの選考

説明会→適性テスト&ES→1次面接→最終面接→内定

適性テストはCABで、千駄ヶ谷の本社で行いました。
あなたは今までどういう経験をしたのか。のような小論文もありました。
珍しい選考フローで、1次面接は1対1ですが、最終は集団面接です。

ESの内容

①当社を志望した理由
下記にて割愛します。

②TOEICや英検を受験した経験
特にありません。

1次面接

学生1人に面接官1人です。
最初は自己紹介から入り、学生時代頑張ったことなど、志望動機など雑談に近い感じでよい雰囲気のまま終えました。
特に私の出身高校を知ってくれていたため、少し盛り上がりました。

NTTデータウェーブの選考対策にOB訪問も

選考対策には、実際に入社した先輩社員の声も参考になります。数々の面接を乗り越えてきましたので、確実に力になるでしょう。特にビズリーチ・キャンパスならば、同じ大学の先輩を探すことができるので、一からOB訪問をしようとしている人にはおすすめです。

▼登録に最短3分&完全無料で利用が可能▼

ビズリーチ・キャンパスの公式HPへ👈

\OB・OG訪問だけではなく、スカウトも来る

【メリット・デメリット】OB訪問はビズリーチキャンパスが大学キャリセンよりおすすな理由を紹介就活生の皆さんはOBOG訪問していますか。必ずOBOG訪問する必要はありませんが、しておくて今後の就活が有利に進むことが多いです。 ...
<スポンサーリンク>

NTTデータウェーブの志望動機

NTTデータという大企業をバックに持っているため、JTをはじめとする大規模なプロジェクトに関わることができるのが魅力的だからです。
約400人という少人数だから上司との連携が取りやすいと、座談会を通して先輩社員から伺いました。ベンチャー企業でアルバイトをしていた経験もあり、このような風通しのよい会社で働きたいと考えました。

NTTデータウェーブの選考結果

最終面接前に辞退しました。1次面接通過後に日程調整がありましたが、私自身どの日も厳しく、会社側も集団面接という性質上この期間しか厳しいという柔軟性の無さから辞退しました。正直デー子にあまり魅力を感じませんが、デー子の中では優良企業であるため、持ち駒の一つとして確保しておいても良いと思います。

あとはインターンシップから参加しましたが、人事の方がフランクで聞いたことは何でも返してくれたのが印象的で、好印象でした。

nttdate_fron
【就活実体験】NTTデータフロンティアの選考NTTデータの子会社であるNTTデータフロンティアの選考について、就活をした実際のESやGD、面接の内容を書いています。企業の特徴や学歴などもあれば書いていますので、業界研究に役立てていただければと思います。...
当サイトのまとめ記事

私はマーチ理系出身で、就活ではSIerや通信、金融系を見てきました。

特に個別説明会83社を代表に、座談会・ES・GD・面接など数多く受け、企業の雰囲気、志望動機や学歴等就活で感じたことを公開しています。その他就活に役立つサービスも触れていますので、就活初心者はぜひ見て下さい。

 

この記事のURLをコピーする