【ブックマークすると便利】就活まとめ記事
この記事のURLをコピーする
インターンシップ系

【5日間参加】NEC冬季インターンシップ5daysのレビュー

nec

SIerの最大手企業でもあるNECのインターンシップに参加してきました。NECは5日間のインターンシップでもあり、参加してよかったと思えた企業第一位です。

実際にインターンシップに参加するまでの選考や、参加してみて気がついたことをレビューしていきます。

nec
【就活実体験】NEC(日本電気)の選考NECの選考について、就活をした実際のESやGD、面接の内容を書いています。企業の特徴や学歴などもあれば書いていますので、業界研究に役立てていただければと思います。...

NECインターンシップの選考

インターンシップ参加までの道のりは、ES→GD→合格です。

ESの内容は忘れてしまいました。ESを通過すると電話ではなくメールで選考の案内が来ました。メール本文中には面談と記載されていましたが、実際にはGD(グループディスカッション)のみの選考でした。

GDは基本的に1年前の新卒採用の内容がそのまま使われる傾向にあるようです。例えば、20卒インターンシップの選考内容は19卒新卒採用で使用されたGDの内容のようです。

GDを終えた後には、約5日後にメールでの合格通知がありました。

私は初めてのグループディスカッションで緊張していたのか、あまり発言はできませんでしたが、自分の理解できていないことは、『こういう意味で合っていますか?』と、みんなの認識を揃えようとしていました。

【必勝法】グループディスカッション(GD)対策!誰でも実践できる5つのコツを伝授私は就活で何十回GD(グループディスカッション)を受けてきましたが、ほぼ通過しています。そんな中個人的にどのような点、コツに気をつけていたのか発表します。必ず何かしら得るものがあると思いますので、ぜひ一読してください。...

そのように認識合わせをしていたからなのか、合格していました。リーダーやタイムキーパー、書記などの役職を決めなかったのですが、問題なかったです。

選考内容は完全無料の『就活ノート』にも書いてあります。

▼就活生が就活生のために運営▼

\もちろん完全無料で利用できます/

<スポンサーリンク>

NECインターンシップの詳細

日程や人数

インターンシップは5日間であるものの、3日間は通い、2日間は泊まり込みのプログラムでした。

おおよそ参加者は50人です。

この5日間は原則同じメンバーでしたが、2日間の泊まり込みのプログラムでは、就活が本格的に始まっている頃でしたので、参加者が少なくなっていました。

参加場所

3日間は田町にあるNEC本社の会議室です。2日間の泊まり込み時は、NEC研修所でした。

参加プログラム

 

NECインターンシップのプログラムは2部構成でした

5日間と言いつつも、3日と2日に分かれており、それぞれ別日に開催されました。そこらへんの1dayインターンシップとは丸っきりに違うプログラムです。

1dayインターンシップをおすすめする5つの理由
【20社参加】1dayインターンシップをおすすめする5つの理由!1dayインターンシップの参加をオススメする理由や、大学3年生から参加するメリットとデメリットを書いています。...

3日間と2日間で別れています。それぞれ2日目以降には朝礼があり、30分ほどで就活のテーマについて話し合いました。

例えば、『社会人と学生の違い』や、『なぜ企業はインターンシップを行うのか』などです。また、日報も毎日提出が必要で人事が添削してくれました。

3日間のプログラム

職場受け入れ型ではありません。6人1チームとして、ビジネスワークを行いました。

1日目午前はインターンシップの目的や、グループワークの説明、午後からは品川にあるNECイノベーションワールドの見学をしました。

このNECイノベーションワールドでは、NECが世界に誇る技術力の高さを見せつけられました。

例えば、指紋認証や顔認証といったセキュリティ関連や、性別・年齢判別システム、多言語音声翻訳サービス、画像認識サービスなどが挙げられます。

見学後は再度NEC本社に戻り、先輩社員のパネルディスカッション+座談会が行われました。

また、本題のビジネスワークの説明もあり、テーマはICT技術を用いて新たなビジネスモデルの発掘でした。

このテーマをそれぞれのグループが2日間考え、最終日には全員の前でパワーポイントを使ってのプレゼンテーションをしました。

プレゼンテーション終了後には、参加者全員の懇親会が行われました。座談会時に出席した先輩社員もいるため、同じ出身大学の社員の方からは連絡先を頂きました。

この3日間については、昼食代として1,000円支給されます。

2日間のプログラム

2日間は泊まり込みのプログラムです。NEC研修所で行いましたが、ビジネスホテルのように綺麗でした。

3日間とは別日に、NEC研修所で再度グループワークを行いました。

2日間は事前アンケートに沿ってグループ分けされており、3日間の時と同じグループというわけではありません。

この2日間の泊まり込みのプログラムは、採用に権限を持っている管理職級の社員が付きっきりでいました。優秀な人は採用がリクルーターコースに乗ります。

インターンシップで知り合った学生の中では、営業志望のみがリクルーターコースに乗っていたので、SE志望者は無いかもしれません。

テーマが難しく、まったく終わる気がしないので1日目の夜は24時までグループワークを行っておりました。他のグループも同じように行っております。

3日間の時と同様に、最終日にはプレゼンテーションをします。そこで、どのグループが一番面白いアイディアかを、みんなで投票して決めました。その後に、付きっきりの社員の方と面談を行いました。

  • インターンシップはどうだったか
  • グループはどうだったか
  • 就活ではどのような業界を見ているのか
  • SEの何が魅力か等

私はなかったのですが、恐らくここでアプローチがあると思います。

プレゼンテーションや面談終了後には懇親会もあり、他のグループの学生や社員の方との交流もあります。

<スポンサーリンク>

NECインターンシップの学生の学歴

学歴は基本的にマーチと早慶、次点で理科大が多い印象を受けました。

全員話したわけではないので、分かりませんが、国公立はあまりいませんでした。一人京大院生がいました。関東開催なため、関西もあまりいません。

残念ながら、マーチ未満の学歴の人には会わなかったので、マーチ以上は必須かと思います。

NECインターンシップ参加のまとめ

周りの学生のレベルが高く、考え方の視野が広がりました。

実際に私はこのインターンシップに参加してから、より大手志望が強くなりました。

また、優秀な人はリクルーターが付きます。リクルーターがつかなくても、就活の本選考で有利になるようになっていますので、是非参加しておきたい企業です。

recruit
【ブックマークしておくと便利】当サイトまとめ記事とにかくこのページさえ読んでおけば、就活とは何をするべきかが分かるようになっています。 私はMARCHの理系出身で、SIerや通信...
当サイトのまとめ記事

私はマーチ理系出身で、就活ではSIerや通信、金融系を見てきました。

特に個別説明会83社を代表に、座談会・ES・GD・面接など数多く受け、企業の雰囲気、志望動機や学歴等就活で感じたことを公開しています。その他就活に役立つサービスも触れていますので、就活初心者はぜひ見て下さい。

 

この記事のURLをコピーする