【ブックマークすると便利】就活まとめ記事
ES

【14個まとめ】ESや面接の自己PRで使いたい長所や強みの一覧!

ESや面接の自己PRでは『何を強み』にしていますか?

または、他の就活生はどんな強みを書いているのか気になりませんか?

今回はESや面接での自己PRで使える『強み・長所』をまとめました。まだ、何をアピールするか悩んでいる方は参考にしてください。

読んで欲しい人
  1. 自己PRで何を強みにすれば良いかわからない方
  2. 強みって何があるのか知りたい方
  3. 長所と強みの違い

そもそも強みと長所の違いは?

強みや弱みって長所と短所と同じかな。と思っていませんか?

様々な解釈はありますが、私は下記のように考えています。

  • 強み=仕事に活かせること、仕事に直結して効果が発揮できること
  • 長所=仕事に直結しているわけではないが、優れていること

分かりやすく『足が早い』人で解説します。

足が早いことは、紛れもなくその人の長所です。しかし、それが強みになるとは限りません。

▼SE(システムエンジニア)を目指している人にとって、足が早いことは仕事には活かせません。そのため足が早いことは強みとはなりません。

▼野球選手を目指している人にとっては、足が早いと代走などで活躍することもできます。そのため、足が早いことは強みとなります。

上記のように、仕事それぞれで長所が強みになるかどうかが変わります。

強み=仕事に活かせること

長所=その人の優れていること

<スポンサーリンク>

就活で使える強みの一覧

強みは、〇〇力や〇〇的、〇〇性と良く言われています。

  1. 主体力
  2. 行動力
  3. 決断力
  4. 忍耐力
  5. 分析力
  6. 持続力
  7. 説得力
  8. 統率力(リーダーシップ)
  9. 協調力
  10. 発想力
  11. 問題解決力
  12. コミュニケーション能力
  13. 責任感
  14. 努力家

物は言いようで、同じような意味もあります。

気になった強みをピックアップします。

主体力

自ら考えて行動できる力です。この主体性って社会に出てからも、かなり大事なことなので、アピールしやすいです。

忍耐力

忍耐力って営業のみに必要な力と思っていましたが、実は様々な職種でも必要です。

例えばシステムエンジニアでも、最近メンタル疾患に掛かってしまう方が増えているため、この忍耐力が重視されています。

忍耐力をアピールする際には、体育会の部活でアピールする方が多いです。

持続力

持続力というのは、長く継続的に物事を続けることです。

コツコツ努力する人は、社会に出ても評価されます。

何かをずっと続けていると、会社でも長く勤めてくれる可能性が高いですしね。

例えば、小学校から続けているスポーツだったり、音楽や書道だったりとあると思います。

小学校サッカー、中学校野球、高校テニスとコロコロ変わる場合は持続力ではアピールできません。そのような場合は経験力でアピールした方が良いです。

協調力

協調力や協調性は、すべての職種で必要です。

営業では、一人ひとりが営業しますが、実際は店舗というチームで日々営業を行っています。

システムエンジニアでは、一人でプログラムを作成するわけではなく、チームで作成していきます。そのため、面接では良くチームで成し遂げたことを聞かれます。

コミュニケーション能力

就活で良くコミュニケーションが大事と言われていますが、この力を強みとするのは注意が必要です。

この言葉自体あいまいなことなので、自分が考える『コミュニケーションとは何か』を伝えられるようにしましょう。

コミュニケーション能力が高いのであれば、それぐらい容易にできるはずです。

自己PRの作り方

主要な強みは分かりましたか。これらの強みから自己PRの作り方は、2パターンあります。

  • エピソードから強みを探す方法
  • 強みからエピソードを探す方法

自己PRって一回作れば良いだけではあありません。企業の求める人物像にも照らし合わせないといけません。

ESでなかなか通らない時、面接でしっくり来ない時には強みとエピソードが一致していないかもしれません。

もう一度強みを考え直したほうが良いかもしれません。その場合にはこのページを見返してください。

最後に

様々な強みを紹介しましたが、しっくりくる強みはありましたか。

これらは代表的な強みであり、この中から選ばなくてはいけなわけではありません。

また、『自分の強み』と『会社が求めている人物像』を照らし合わせてみてください。

自分の強みがいくら完璧でも、会社が求めている人物像とかけ離れていたら何も意味はありません。

しっかり会社はどのような学生を求めているのかも考えて、何回も何回も自己分析を繰り返し、しっくり来る強みを見つけましょう。

ちなみに、バーナム効果って知っていますか?

バーナム効果とは心理学の一つでもあり、『誰にでも該当するような曖昧で一般的な性格をあらわす記述を、自分だけに当てはまる性格だと捉えてしまう』ことです。

実際に今回挙げた強みは、あいまいで抽象的なので、多くの人々が当てはまります。

そのため、強みが一番大事ではありません。強みを裏付けるエピソードが一番大事なので、それを忘れずに自己PR対策をしてください。

ここからは、関連したおすすめ記事です。

自己紹介と自己PRで混ざっていませんか?実際に私が使っていた例文を出して、違いを簡単にまとめました。

【例文あり】自己紹介と自己PRの違いって何?「自己PRや学生時代頑張ったこと、志望動機など完璧だ、よっしゃ通過してやる」と臨んだ初めての面接。 面接官の「それではまず自己紹介...

最終面接では役員が出てきます。逆質問で困ったらこれを聞いておけば大丈夫でしょう。

【10回以上経験】最終面接でするべき逆質問!役員にはこれを聞け!会社の人事や若手社員、中堅社員には逆質問できるけど、会社の社長や役員には何を聞くべきだろうか。 と思った方も、いるのではないでしょ...
【ブックマークしておくと便利】当サイトまとめ記事

とにかくこのページさえ読んでおけば、就活とは何をするべきかが分かるようになっています。

私はMARCHの理系出身で、SIerや通信等のSEを狙って就職活動していました。

就活初期にはESや面接を数こなしていくにも、なかなか手応えを感じられない。せっかくこんなに多くの説明会や面接を受けているのに、全然内定出ない。

いつも通りに自己分析をしていると、自分は何かアピールすべきことを間違っているのではないか?という疑問が生まれました。そこからアピールすることをガラッと変えたら、みるみる内定が出ました。

この内定をいただいた経験は誰かに伝えたいと考え、ブログを始めました。一人でも多くの就活生が、この就活に対してプラスになるようなものを発信できればと思います。

このブログに書いていることは、その企業の一部であり全部ではありません。

たまたまお会いした社員の印象が良かった、悪かったという面がありますので、必ずしもその企業の社員全員が良い、悪いということはありません。そのため、あくまで参考程度にお願いします。

▼ブックマークしておくと便利▼

まとめ記事へ👈

\就活に役立つお得情報を随時更新中/