【まとめ】就活でやるべきこと
SIer-独立系

【就活実体験】富士ソフトの選考

fsi

今回紹介するのは富士ソフトです。独立系大手企業でもあり、とにかく様々な事業を行っております。

富士ソフトの特徴

事業内容や特徴

情報処理サービスをメインに携わっています。独立系なので自由度の高いシステム開発を行うことができ、最適なソリューションを提案することができます。

下流工程のプログラム製造やテストにノウハウを持っており、それが強みです。またソフトウェアでは、携帯の予測変換機能に強みを持っています。金融分野と鉄道分野に人員が割かれるようです。

パルロっていうロボットも作っています。何に使用するのか分かりませんでしたが、医療系の介護に使用しているようです。

資本金は3億円あれば十分大きな会社と言うことができるが、富士ソフトの場合は260億円を超える資本金があります。

私の所属しているSIer企業でも、富士ソフトとは一緒に仕事をしております。

勤務地や福利厚生

横浜の桜木町に本社を構えており、その他にも秋葉原にも大きな自社ビルを持っています。その他にも様々な拠点を持っており、客先常駐はそこまで多くないです。実際には客先常駐率がおよそ30%程度あり、意外と自社開発を行っています。

平均給与は約600万円ほどです。もちろん平均なので、この中には新卒入社等の若手も含んでいます。新卒入社の離職率が高いことから、長年生き残れれば給料が高くなるのしょうか。実際に、30歳で500万円前後もらっている方もいますので、そこまで悪いわけではありません。

リクナビには平均所定外労働時間が16.5時間とあります。
(一緒に富士ソフトの方と働く機会がありますが、余裕で超えているような気がしますが…)

残業が一定数超えると、その分の休み(有給?)を取得しろ。と上司から言われるようで、制度としては整っております。

残念ながら、離職率も高いため、そのため採用人数を確保していると思われます。

ちなみに、富士ソフトには労働組合がないようです。会社に入ると分かりますが、労働組合ってめちゃくちゃ大事です。毎月の給料や給与(ボーナス)、労働環境の向上など労働組合が会社に掛け持っていますので、それがないとなるとかなり厳しいです。

<スポンサーリンク>

富士ソフトの選考フロー

説明会→ES&テストセンター→最終面接

まさかの面接1回だけです。300人以上が採用予定人数であるため、とにかく人が必要な感じが臭ってきます。

富士ソフトの説明会

秋葉原のビルで行われました。一通り人事からの会社概要や求める人材等の説明を受けました。

説明会ではパルロのアピールもされましたので、技術力の高さをESに組み込めると良いと思います。

その後に、なぜか4人1組でグループワークをしました。このグループワークの様子を人事が見ているわけではなく、何のために行っているのか分かりませんでした。

交通費の支給はありません。

富士ソフトの最終面接

面接は学生1人に対し人事の面接官1人でした。

タブレットのようなものを見ながら面接しており、流れ作業のように質問をされました。特に質問から深掘りなどは少なく、本当テンプレートに沿って進められた感じがしました。

そのため、特に困った質問はありませんでしたし、記憶に残った質問はありませんでした。
いいところは交通費がクオカードで支給されたことです。

富士ソフト志望の就活生の学歴

誰かと話したわけではありませんが、一緒に働いている方々から聞いた話によると、MARCHはかなり少ないです。日東駒専以下が大部分でしょうか。

なりふり構わず採用しているイメージで、学歴は関係ないと推測しています。

富士ソフトの志望動機

企業規模が大きいこと
→大きなプロジェクトを通して、社会に貢献できると感じた

採用人数が多いこと
→同期と切磋琢磨して成長できると感じた

富士ソフトの選考結果

富士ソフトとの面接の結果は、内々定をいただきました。特に魅力を感じたわけではなかったので辞退しました。

面接時にはある程度のテンプレ質問だったため、面接の練習には調度良い機会だと思います。

また、私もありましたが内定後に研究室・ゼミの教授からの推薦が欲しいと言われました。これには注意しましょう。

推薦があると、基本的に入社しなくてはいけなくなります。もちろん入社への強制はありませんが、後輩に迷惑がかかることをお忘れなく。

ABOUT ME
MARCH理系生ヒロ
MARCH理系生ヒロ
MARCH理系生ヒロです。 大学時はMARCH理系に所属し、SIerや通信系を中心に就職活動をしていました。 いくつか内定をいただき、今では保険会社の情報システム部門に関わっています。 就職活動で経験した有益な情報をブログで書いています。