【まとめ】就活でやるべきこと
SIer-独立系

TISの選考【就活】

tis

独立系最大手のTISです。
独立系は労働環境がドロドロと聞きますが、TISのように大企業ならば安心できるのではないでしょうか。
そんなTISを見ていきましょう。

TISの特徴

事業内容や特徴

売上はNTTデータに次ぐ第2位です。(日立やNECは含んでいないのかな?)
 ※ご指摘頂いた通り、こちらを確認すると2位ではありませんでした。
  誤りを記載してしまい申し訳ありません。
金融分野に強みを持っており、特にカード業界に強みがあります。
独立系というユーザー系やメーカ系にはない、縛られないソリューションが提供できます。
フルライン・テクノロジー・グローバルが強みのようです。

勤務地や福利厚生

文系理系比率はおよそ半々であり、男女比は女性3割、男性7割ぐらいが目安です。
近年では在宅勤務も導入しており、働き方改革に乗り出しているのでしょうか。
東京本社以外にも様々な拠点に事業所を持っており、海外にも事業所があります。
殆どの方は東京の新宿本社勤務で、その他は名古屋と聞いた気がします。
また、急な休みが取りやすい環境であるようです。

<スポンサーリンク>

TISの選考フロー

説明会&グループディスカッション→ES&テストセンター?→マッチング面談→?→内定
ES&テストセンターはどのタイミングで受けたか忘れました…

説明会&グループディスカッション

説明会後にグループディスカッションを行いました。
内容は「企業を選ぶ上での自分の軸3つ」です。
個人ワーク後にグループ内で発表でした。
発表時には選考官がストップウォッチで正確に図っていました。
雰囲気は和やかな感じで、みんなが発表しやすい雰囲気だと感じています。
こういう経験があった、経験をしたいからこれを軸にと、当たり前ですけど論理的に話しましょう。
最後に選考官から、こういう軸で活動しても良いかも。とアドバイスがありました。
選考のような選考ではない感じでしたが、後日電話にてこのフィードバックが行われました。

マッチング面談

マッチング面談という名の面接を行いました。
相手はマネージャークラスの方が来て、一般的な面接が行われました。
そこでは少し怖い印象を受けました。
質問自体は一般的で、自己PRや志望動機、学生時代頑張ったことを聞かれました。
後は逆質問の時間が長かった気がします。

 

就活生の学歴

インターンシップから参加していますが、上智理科大やMARCHからニッコマの方など幅広かったです。
しかし、採用実績を見るとMARCH以上の方が多いようです。

TISの志望動機

①独立系最大手なこと
メーカー系はメーカーの縛りや、ユーザー系は分野の縛りがある中、独立系ならば幅広い分野で縛りのないソリューションを提供できると感じています。
②成長ができる環境があること
インターンシップを通してシステムエンジニアの楽しさを感じることができました。
下流工程から経験を積み、将来的には上流工程で仕事がしたいです。
また、OB訪問を通して皆が活気があふれていました。このような方々と一緒に仕事がしたいと考え、必ず自分自身の成長ができると感じています。

結果

 

マッチング面談で落ちました。
正確にはマッチング面談後すぐに連絡が来ず、敗者復活のような形で連絡が来たので辞退しました。
新宿のビルは綺麗でそこで働けるのならば、良いですね。
また、独立系最大手でもあることから、まぁまぁ安定していると思われます。

ABOUT ME
MARCH理系生ヒロ
MARCH理系生ヒロ
MARCH理系生ヒロです。 大学時はMARCH理系に所属し、SIerや通信系を中心に就職活動をしていました。 いくつか内定をいただき、今では保険会社の情報システム部門に関わっています。 就職活動で経験した有益な情報をブログで書いています。