【まとめ】就活でやるべきこと
SIer-メーカー系

NTTデータフロンティアの選考【就活】

nttdate_fron

先日のNTTデータウェーブと同様にデー子のNTTデータフロンティアを紹介します。
デー子の中で選考に進んだのはこの2つのみです。
フロンティアはデー子の中でも中堅ですね。それでは早速ですが、進めていきましょう。

NTTデータフロンティアの特徴

事業内容や特徴

金融事業や物流事業をおもに担っており、その中でもゆうちょに関わることができることが一番大きな仕事です。
入社後の研修中の面談で、やりたいことを聞かれ、ある程度はやりたいことを考慮してくれるそうです。
社員が誰でも経営に対して、提案や意見をいうことができる「KNOCK制度」があるように、上司には言いやすい環境があるようです。
先輩社員との座談会では、「ゆうちょシステムに関わりたい」と「社内の雰囲気」で入社を決めた方が多いように感じました。
新人研修後はOJT制度による手厚いサポートや、階級に応じた研修も用意されています。

勤務地や福利厚生

本社は品川にあります。しかし、こちらも本社で仕事ができるとは限らず、客先常駐もあります。
本社勤務の方は結構ラフな服装の方が多いようです。
福利厚生はNTTデータウェーブと同様にNTTデータの福利厚生とほぼ同様と思ってもらって大丈夫そうです。
30名前後の採用人数であり、3年後の離職は1人いるかいないかくらいであり、定着率は良さそうです。
離職率や採用男女比、平均勤続年数などのデータがしっかりリクナビ上にも出ているところは信頼できます。

<スポンサーリンク>

NTTデータフロンティアの選考

説明会→適性テスト&ES?→グループディスカッション→1次面接→最終面接

1次面接

学生1人に面接官1人でした。
他会社と同様一般的な質問が多く、自己PRや学生時代頑張ったことなど、志望動機など通常通りの回答を用意しておけば大丈夫だと思われます。

最終面接

こちらも学生1人に対して役員クラスの面接官1人でした。正直あまり興味を示されず、とてもやりにくかったです。いつも通り特に困るような質問はなく、自己PRや学生時代頑張ったことがメインで人柄を見られているような感じがしました。その中でもなんでITにシステムエンジニアに興味を持ったのか強く確認されました。
その他は珍しい質問はお酒は飲むのかと聞かれました。「人並みには」と無難な回答が微妙だったのでしょうか。
そんな感じで特に盛り上がるわけはなく、手応えはないまま終了しました。

NTTデータフロンティアの志望動機

大学時代のプログラミング経験からITに興味があり、ITで社会を支えていきたいです。その中でも貴社は、ゆうちょをはじめとする大企業との関わりがあり、そのような大企業と大規模なプロジェクトに参加して、社会的に影響の大きい仕事ができると感じています。また、先輩社員や人事からは教育制度はしっかりしている旨を伺い、システムエンジニアとして成長できる環境があると感じています。

結果

残念ながら最終面接で不合格となってしまい、落ちたことは少しショックでした。
しかし、こちらもNTTデータの看板があるとはいえ、正直あまり興味を感じていませんでした。
都内勤務で、NTTデータという大きな看板が欲しい方は良いと思います。

ABOUT ME
MARCH理系生ヒロ
MARCH理系生ヒロ
MARCH理系生ヒロです。 大学時はMARCH理系に所属し、SIerや通信系を中心に就職活動をしていました。 いくつか内定をいただき、今では保険会社の情報システム部門に関わっています。 就職活動で経験した有益な情報をブログで書いています。